戦後70年の長野市戦没者追悼式

 14日、長野市戦没者追悼式がホクト文化ホールで執り行われ、参列しました。

 戦後70年の節目、しかも新安保法なる「戦争法」が成立し、法の発動準備が進む中で迎えた戦没者追悼式。

 遺族会会長の横田弘氏(戸隠地区)が、追悼の言葉で「戦後70年間、新たな戦没者遺族を出してこなかった歴史にたち、戦争の悲惨さ、平和への願いを語り継がなければならない」と述べられたことが印象に残ります。

 今日の時代状況に、新たな戦争遺族をつくりだしてしまう「危うさ」を感じての発言であったと思います。

 世界を見渡せば、地域紛争が絶えず、無差別テロによる殺戮が続いています。
 日本を取り巻く東アジアの情況も、楽観視できるものではありません。

 しかし、武力では何も解決しない、非戦の思考と秩序こそが、平和な未来の扉を開けるのだということを強く訴えたいと思います。

 ところで、今日午後から、市側の「新年度予算編成基本方針」を受け、会派としての新年度予算要望の取りまとめを始めました。

 これまで、「市民ネット」、「改革ながの」で独自に予算要望を行ってきており、その視点や手法に違いがあるのは事実。今後、意見交換を通じ問題意識を共有しながら取りまとめていくことが重要です。
 旧「改革ながの」案をベースにしながら、市民ネット的視点を加味していければと思います。

 市民の皆さん、新年度、長野市政に取り組んでもらいたい施策・事業についてご意見をお寄せください。