*

子育ち・子育て対策特別委員会

 注目の名護市長選挙、辺野古新基地建設ノーを訴えた稲嶺進・現市長が再選を果たしました。やったー!です。辺野古反対へ大きな弾みにしたいです。

 さて、先週14日、15日と続いて、市議会「子育ち・子育て対策特別委員会」が開かれました。
 14日は管内視察。県下で初めて認可された幼保一体型の「認定こども園」=朝陽学園や川中島地区の昭和児童センター、篠ノ井中央児童センター、篠ノ井こども広場「このゆびとまれ」、夜間保育に取り組む私立若葉保育園などを視察。
 子ども・子育て関連3法の施行に伴い策定される「子育て支援事業計画」に盛り込むべき内容を検討するための現地調査です。

 認定こども園は、増額される消費税から7,000億円を投入する少子化対策の目玉とされています。昨年12月に国が新しいこども園の基準を定めたことから、全国の自治体で導入に向けた取り組みが本格化するとされています。
IMG_0512
IMG_0513
 幼稚園と保育園を一体で運営する朝陽学園は、H17年に北堀の現在地に移転新築された施設でH19年から認定こども園として運営されています。幼稚園は251人、保育園では102人を受け入れています。設立当初から徒歩通園・預かり保育を実施しているとのこと。
 広大な園庭も整備され、新しい姿を垣間見た思いはします。国の基準をはじめ、幼稚園と保育園の資格を要する職員の雇用のあり方や、給食費を含む利用料金について、なお調査が必要です。

昭和児童センターの集会室

昭和児童センターの集会室


篠ノ井中央児童センターの集会室

篠ノ井中央児童センターの集会室


 児童センターでは、小学校の改築に伴い、学校敷地内の旧プレハブ校舎をセンター施設として活用している昭和児童センター、老朽化が著しく“おやつ”を食べる集会室は子どもで満杯状態となっている篠ノ井中央児童センターと、両極にある施設を視察。国の基準は満たしているとされるものの、子どもたちにとって快適な空間・居場所が確保されているのか、児童センター施設の厳しい現実から長野市版放課後子どもプランの将来をしっかり考える必要があります。

 夜間保育を実施している「若葉保育園」。午前7時30分から翌日の午前0時30分まで17時間開所する施設で、社会福祉法人・長野市私立保育協会が運営しています。乳幼児49人を受け入れ、混合保育となっています。
 施設の特徴として、単身世帯(父子・母子家庭)が45%と多いこと、低所得者層が多いこと、精神障害を持つ親の子が3人、発達障害を疑われる子が5人いることなどがあげられ、施設の課題として、老朽化し、廊下が外にありトイレ等に行けない施設であること、駐車場が少ないこと、セキュリティがなく警備員を雇用し対応していることなどが強調されました。
 また、延長保育料の負担が重く、生活支援が必要な世帯が多い点も課題として強く指摘されました。
 夜間保育に対する需要がどれ位あるのかといった把握は必要ですが、若葉保育園の実態は極めて厳しいものがあります。
 私立保育協会では「移転改築」も検討しているとのことですが、現在の地理的条件から需要があるという見方もできますから、慎重な検討が必要であると同時に市の支援のあり方についてもしっかりと検討する必要性を感じます。

 翌15日の特別委では、放課後子どもプランの現状と課題について集中審査。市では、H27年度からの5年計画で、H31年度までに小学校6年生までの留守家庭の児童全員の受け入れを進めたい、状況が異なる学校区単位にニーズを把握し個別計画を策定したいとしています。留守家庭以外の希望する児童の受け入れは最終目標にしたいとの意向です。
 長野市版放課後子どもプランの現状は、留守家庭の児童で、なおかつ小1から小4に限定されているのがほとんどで、児童センターで受け入れられない児童を学校内施設のプラザで補っているのが現実。希望児童を受け入れている学校区は、200人規模以下の小学校や中山間地域の学校にとどまっています。
 私は、小6までの留守家庭の希望児童全員を受け入れ、快適な放課後の居場所を確保するには、児童館・児童センターの施設更新・増改築が避けられないこと、したがって児童館・児童センターの新築・改修は行わないとする従来の方針の見直しが必要なこと、留守家庭と希望家庭の児童を一体的に実施しようとする長野市版放課後プランの目標は、現状に照らして、机上のプランで現実的ではなく、プラン全体の見直しが必要なことを指摘しました。
 厳しい経済状況のもと、夫婦共働きで留守家庭となる世帯が今後、増えていくことが想定されることからも必要だと痛感します。
 児童センターの利用料金について、審議会では利用者負担のあり方が検討されていますが、おやつ代や延長利用を除き、原則無料で実施していくことも重要です。委員会では、質問・確認ができずに終わってしまった問題点です。

 放課後子どもプランの現状と課題については、市側から示された資料等に基づき、3月議会に向けて、改めてまとめたいと思います。
 地元の安茂里・松ヶ丘・裾花の児童センター、子どもプラザの課題も調査するつもりです。センター長および施設長にはお願いしました。

こども広場「このゆびとまれ」で

こども広場「このゆびとまれ」で


 また、子ども・子育て関連3法における法定13事業の現況について、これまでの委員会に提出された資料では、それぞれの支援サービスの延べ利用人数が示されたものの、サービスを必要とする実人員が示されなかったことから、資料提供を求めてきていましたが、13事業のうち7事業で「統計数字無し」という結果に。
 子育て支援のサービス利用の実人員と延べ利用人数があって、初めてサービスの利用度合いや利用者の充足度などを推し量ることができる、サービスそのものの課題やサービスの隙間を埋める課題も浮き彫りにできるのではと考えます。さらに、利用しない或はできない世帯の課題も探ることができるでしょう。
 子ども・子育て支援事業の利用者を「延べ人員」というパイで把握するだけでなく、実数を把握することで、よりきめ細かな対応ができると思います。

 さて、明日から3日間、子育ち・子育て対策特別委員会で行政視察に出かけます。世田谷区・松戸市・浜松市・高松市の特徴ある子育て支援事業を勉強してきます。

関連記事

長野市水道100周年

 28日午後、長野市水道100周年を祝う記念式典に招待され出席しました。  長野市の水道事業は

記事を読む

「愛と平和を」テーマに長野灯明まつり

11日夕刻、善光寺山門前で催された第14回長野灯明まつりのオープニングセレモニーに出席しました。

記事を読む

9月議会…新たに正副議長を選出し閉会

安倍首相が28日招集の臨時国会冒頭の解散・総選挙を宣言、その直前には小池都知事が「希望の党」設立を宣

記事を読む

3月議会の質問より…➍・➎をアップ

 3月議会の質問よりの続報です。二つのテーマでホームページ本編にアップしました。 ★3月議会の

記事を読む

第四学校給食センター…新たな市民負担4億円で工事継続へ

 第四学校給食センターを巡る国補助金問題は、当面、市単独事業として継続することをもって一定の方向性を

記事を読む

議場に「日の丸」掲揚…賛成多数で可決

 昨日のブログの続報です。140612“議場に「日の丸」”の請願  13日午後4時30分から開

記事を読む

北陸新幹線開業試乗会

 2月11日は、3月14日に開業する北陸新幹線の試乗会が行われ、市議会議員宛に招待されました。新幹線

記事を読む

ごみ焼却施設…灰溶融炉建設を改めて考える

 9月30日、会計検査院が環境大臣に対し、「溶融固化施設の運営及び維持管理並びに溶融スラグの利用につ

記事を読む

河川氾濫を想定し長野市水防訓練

6月4日、長野大橋南の犀川右岸でH28年度長野市水防訓練が行われ、危機管理を所管する市議会総務委員会

記事を読む

総務委員会行政視➊…東京事務所~町田市「新公会計制度」

 5月9日から11日、市議会総務委員会の行政視察で、町田市(新公会計制度)・豊橋市(シティプロモーシ

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


娘から届いた父の日カード

昨日夜、在京の娘たちから「父の日」のカードとプレゼントが届きました。

被害広がる震度6弱の大阪地震

6月18日朝、大阪で震度6弱の地震。通学通勤途上を襲った地震で3人が死

17回目の長野市甚句・音頭交流会

17日、第17回長野市甚句・音頭交流会が大豆島総合市民センターで催され

放課後子ども総合プラン…有料化で居場所がなくなる深刻な影響

4月から月額2,000円の利用者負担が導入された放課後子ども総合プラン

飯綱高原スキー場…民間譲渡困難⇒廃止方針を考える

長野市は5月29日の政策説明会で、飯綱高原スキー場の運営から撤退、グリ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑