*

「人権力を養う」…辛淑玉女史の講演会

公開日: 人権

 先週の話。人材育成コンサルタントで辛口の評論活動を続ける辛淑玉(シン・スゴ)さんの講演を聴きました。2月3日に催された長野市の「人権を尊重し合う市民の集い」での講演会で、テーマは「人権力を養う-想像力を広げる視点」。

 「在日朝鮮人」である辛淑玉さんは、「部落差別」や「アイヌ差別」、「朝鮮人差別」など、参加者が選んだテーマに沿って、人権感覚鋭く講演。参加者への質問も取り入れ、90分しっかり聴き入りました。私は、辛さんの著書は、野中広務さん(元衆議院議員自民党幹事長)との対談集である「差別と日本人」しか読んでいませんが、改めて、辛さんの「差別を見抜く力」と「すべてをありのまま受け入れるしなやかさ、限りない優しさ」に感銘を覚えました。

 印象に残ったことは、幼児期に虐待を受けていた「死刑囚」を「さん付け」で呼んでいたこと(ここに限りない優しさを感じるのです)。そして「弱者は決して多数決では救われない」「『あなたは部落民か』と問われ『私は部落民ではない』と答えるところに、差別の複雑な根深さがある」との指摘です。「まだまだ想像力が足んないなぁ」と自戒です。

 実は、屋代線「廃止」問題を協議した4日の特別委員会で、辛淑玉さんの「弱者は多数決で救われない」を引用させていただき、多数決で廃止を決めた法定協議会について「交通弱者・交通制約者は多数決では救われないですよね」と申し上げました。理解いただけたかどうかは分かりませんが…。

 想像力をたくましく、人権感覚のアンテナに磨きをかけたいものです。

関連記事

狭山事件…石川一雄さんを招き人権集会

 15日午後、部落解放長野県共闘会議、部落解放同盟県連合会、狭山事件を考える住民の会県連絡会の三団体

記事を読む

全国人権・同和教育研究大会in長野

21日~22日、長野市内のホワイトリング(真島総合スポーツアリーナ)を主会場にして、「差別の現実を深

記事を読む

中学生職場体験に駐屯地「ほふく前進」

日本列島を縦断した台風19号は、各地に大きな爪痕を残しました。必死の捜索活動が続けられている御嶽山で

記事を読む

SAYAMA 見えない手錠をはずすまで

 6日、ドキュメント「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」の上映会を中央隣保館で催し、50人余り

記事を読む

長野県水平社創立90周年

 「全国に散在する吾が特殊部落民よ団結せよ」  こう宣言した全国水平社創立大会が京都で開かれたのが

記事を読む

共謀罪法案を廃案に!全国同時アクション

金田法務大臣の不信任決議案を否決した政府与党は、今日19日の衆院法務委員会で「共謀罪」(テロ等準備罪

記事を読む

袴田事件の再審決定

 1966年に静岡県で起きた「袴田事件」の第2次再審請求審で、静岡地裁は裁判のやり直しを認める決定を

記事を読む

うつ病経験者の声を聴く…安茂里地区人権の集い

[/caption]  21日、安茂里公民館で住民自治協議会主催による「安茂里地区人権を考える

記事を読む

コメントを残す

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


娘から届いた父の日カード

昨日夜、在京の娘たちから「父の日」のカードとプレゼントが届きました。

被害広がる震度6弱の大阪地震

6月18日朝、大阪で震度6弱の地震。通学通勤途上を襲った地震で3人が死

17回目の長野市甚句・音頭交流会

17日、第17回長野市甚句・音頭交流会が大豆島総合市民センターで催され

放課後子ども総合プラン…有料化で居場所がなくなる深刻な影響

4月から月額2,000円の利用者負担が導入された放課後子ども総合プラン

飯綱高原スキー場…民間譲渡困難⇒廃止方針を考える

長野市は5月29日の政策説明会で、飯綱高原スキー場の運営から撤退、グリ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑