仕事始め

1月4日、朝方の市街地は10センチくらいの積雪に。雪かきから始まった2022年の仕事始めです。

10時から連合長野や県労組会議、自治労、私鉄などの労働組合の拠点である県労働会館の新年会に社民党県連副代表の立場で出席。立憲民主党県連の代表らとともに新年の挨拶。昨年に続き飲食無しの新年の集いです。

話題は今夏の参院選。昨年の総選挙の厳しい結果を踏まえ、選挙区・杉尾秀哉参議の再選に向けて野党の力合わせが必要なこと、それぞれの産別が擁する比例予定候補の勝利が問われます。

参院選県区の戦いにおける市民と野党の共闘をいかに再構築していくのか、これからが鍵です。

労働会館を後にして、地元の安茂里支所、公民館、住自協、老人福祉センター、消防安茂里分署などに新年の挨拶へ。午後はアルピコ交通に伺いました。

市議としての挨拶です。

荻原市長の評価、コロナの感染拡大状況と継続的な支援が話題に上ります。じわじわと広がる感染状況に危機感が募ります。

活動を本格化します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。