2020年明けましておめでとうございます

信州では穏やかな三が日となりました。皆様には健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。本年も引き続きよろしくお願いいたします。

元旦の善光寺、娘たち夫婦と初詣に出かけました。

2020年、まさに「復興元年」の幕開けです。

昨年10月、日本列島を襲った台風19号災害は、長野市内をはじめ千曲川流域に未曽有の甚大な被害をもたらし、被災者の皆さんの生活再建、生業の再建に向けた復旧・復興の道のりは緒に就いたばかり、本格的な復興はまさにこれからです。

「One Nagano」=みんなでひとつにがんばろう信州…被災者の皆さんに寄り添い続け、一日も早い復興を成し遂げていきたいと願います。

少子超高齢化が急速に進み、格差と貧困が広がる中、人口減少社会への対応、子育て支援の推進、雇用の安定、産業の振興、中山間地域の活性化、公共施設の見直しなど、住み慣れた地域で住み続けられるよう、山積する市政の課題解決に向けて、全力を尽くす所存です。

2020年、すべての市民の皆さんの幸せを願い、日常に笑顔を取り戻し希望をつなぐ一年にしたいものです。

今年は、この「国の形」が問われる「政局政変」の年となります。「2020年改憲」を公言し憲法9条改悪に突き進む安倍政権を退陣に追い込むために、立憲野党の結束により勝利の道を切り開きたいと決意します。

今の腐りきった国の政治を変え、民主主義と立憲主義を私たち主権者の手に取り戻すために、市民のみなさんとの共闘をさらに強め、たたかいたいと思います。

1月2日、富士山のふもとで

なお、昨年11月に義父が他界し、喪に服しつつ、新年のご挨拶を申し上げる次第です。年賀状等は失礼をしておりますことご容赦ください。