2017仕事始め&市役所NOW

”仕事始め”となる4日は、早朝のJR長野駅前での街頭新年あいさつから始まりました。
社民党の街頭宣伝車から、竹内県議、池田市議らと一緒に、迫る総選挙の課題と決意をアピールしました。

その後、地元の支所や公民館など公的機関をはじめ、アルピコ交通長野支社や支持労組の皆さんに新年のご挨拶に。
市役所では、お世話になっている議会事務局と秘書課だけですが、挨拶に伺いました。

市役所の仕事始め式で加藤市長は「少子高齢化や人口減少などの課題解消に向け、移住促進に力を入れる」と述べるとともに、市職員の採用選考を県外在住の社会人経験者を対象に拡大する方針を示したそうです(長野市民新聞より)。
移住促進が狙いなのでしょうが、社会人経験者の中途採用枠は、質の高い公共サービスを提供できる人材確保の面からは、居住地にこだわらず進めた方が効果的なのではと思いますけどね…。

さて、市役所NOWを写真で。

市役所新第一庁舎の正面玄関、門松が迎えています。

市役所新第一庁舎の正面玄関、門松が迎えています。

庁舎の外柱、1月27日から始まる銀嶺ながの国体のPR。

庁舎の外柱、1月27日から始まる銀嶺ながの国体のPR。

偽装されていた免震ゴムの取り換え工事で新庁舎にクラック(ひび割れ)が発生、改修工事中です。安全性は大丈夫とのことですが、新庁舎ですよね…。

偽装されていた免震ゴムの取り換え工事で新庁舎にクラック(ひび割れ)が発生、改修工事中です。安全性は大丈夫とのことですが、新庁舎ですよね…。

庁内の案内サインが改善、写真はエレベーターのサイン。ようやくエレベーターの所在に迷わず済みそう…。

庁内の案内サインが改善、写真はエレベーターのサイン。ようやくエレベーターの所在に迷わずに済みそう…。

新庁舎2階に行きたい場所の検索システムを取り入れた案内表示が設置。広告企業の寄附によるもの。

新庁舎2階に行きたい場所の検索システムを取り入れた案内表示が設置。広告企業の寄附によるもの。

旧庁舎が解体され更地状態に。結構な広さです。庁舎前広場の整備は今年9月頃の完成となります。

旧庁舎が解体され更地状態に。結構な広さです。庁舎前広場の整備は、解体工事が今年6月までに完了し、来年3月頃の完成となります。広場の利活用のあり方、駐車場からのアクセスの確保が課題となっています。

第一庁舎、第二庁舎を概観することができるように。

第一庁舎、第二庁舎を概観することができるように。