小市公民館 創立50周年

1967年(S42年)4月に創立されて以来50年の歴史を刻んできた小市公民館。

13日、公民館に隣接する安茂里体育館で記念式典と祝賀会が盛大に催されました。
DSC02671
地元で整骨院を営む山口勉・公民館長を委員長とする実行委員会が主催したもので、歴代の区長や公民館長、役員の皆さんが集い、思い出を語りながら、故郷・小市の拠り所となる公民館の一層の発展を誓い合いました。

オープニングでは、小市神楽囃保存会の皆さんの神楽と獅子舞が披露されました。
DSC02661
DSC02660
DSC02658

50年前の小市は300世帯・1260人余りの人口でしたが、今や1400世帯・3300人に発展し、安茂里地区内では最大の地域となっています。

1973年(S48年)には、現在の公民館が新設されました。

小市公民館創立50周年記念事業では、小市の魅力再発見の親子ウォーキングをはじめ、記念誌の発行や記念DVDの作成が取り組まれています。

式典では、塚田佐・元長野市長が「小市の歴史を振り返って」をテーマに記念講演され、小市の渡し、馬市の開催など、小市が人が集まる拠点として発展してきた歴史を紹介、改めて小市の歴史を学ばせてもらいました。
DSC02669
また、裾花中学校吹奏楽部の皆さんには素晴らしい記念演奏を堪能させてもらいました。
DSC02673

式典の最後には、歴代公民館長への感謝状の贈呈式も。25代にわたり引き継がれています。
9代目館長の徳永貞夫さんが代表して受賞されました。
DSC02674
祝賀会では、50周年記念DVD「小市の歩み」が上映。
住民の皆さんから提供いただいた懐かしい写真や、そこに映る顔ぶれに、往時をしのびつつも、「小市の今」を再確認できる素晴らしい出来栄えです。

地元の皆さんの寄附金で、先ほど建立された一茶の句碑をはじめ、故郷・小市を愛する住民の熱い想いの結晶です。

来年2月に発刊される記念誌も楽しみです。
実行委員会の皆さん、本当にありがとうごさいます。

お祝いの言葉で私は、実行委員会をはじめ歴代公民館長の皆さんのご労苦に敬意と感謝を申し上げつつ、「市内に500近くある地域公民館の中でも、50年の歴史と伝統を持つ小市公民館の活動は大きな誇り。住民自治の砦として、生涯学習、地域活性化の住民の絆力が一層高まることを心から願う」と挨拶させていただきました。

祝賀会より。体育館の中に立派なステージが作られビックリ。公民館の役員の皆さんの成せる業です。

祝賀会より。体育館の中に立派なステージが作られビックリ。公民館の役員の皆さんの成せる業です。


この日は、午後から恩人の一周忌法要があり、祝賀会を途中で失礼することに…。
バイオリン演奏やバンド演奏など多彩な催しを愉しめなかったことがちょっと残念です。