*

冬季五輪施設「スパイラル」…一部休止方針決める

長野冬季五輪のボブスレー・リュージュ競技施設「スパイラル」の存廃問題について、長野市は4日の部長会議で「2018年の平昌(ピョンチャン)五輪後は、冬季は製氷せず休止する」方針を決定したようです。

4日の信濃毎日新聞・夕刊で大きく報道され、夕方のTVニュースでも報道されました。
SN00160 - コピー
2月に提出された市公共施設適正化検討委員会の「一部休止」の『提言』に沿った結論です。

市側は、10日に予定されている市議会の各会派総会に報告・説明するとともに、施設がある地元の浅川地区住民自治協議会にも市の方針を伝える考えのようです。

市は、部長会議の様子が大きく報じられることを想定していなかったようですが、3月23日の市長定例会見で「新年度早々の部長会議で、方向性を決定したい」と答えていたことから、マスコミからは注目されていたようです。

議会に対して会派代表者には、一定の方向性が事前に伝えられていたようです。

決定内容は、議会答弁等から十分に想定されていたものですが、地元の皆さんとの間でボタンの掛け違いとならないよう、早急な対応が求められていると考えます。

5日の信濃毎日新聞は、スポーツ庁への取材で、夏季の練習に限定して施設を使用する場合でも、ナショナルトレーニングセンター(NTC)競技別強化拠点施設に指定することは「制度上、あり得る」との見解が示されたとも報じました。

また、「そり競技、存続に暗雲」との見出しで、競技関係者の「練習環境が消えることへの危機感が強い」との声を伝えるとともに、ジュニア選手の育成と発掘が課題となるとも報じています。

「夏場使用」についての市としての具体的な検討・協議は、競技団体と詰めながら進められることになりそうです。

私は、3月議会の質問でスパイラルの存廃問題を取り上げ、施設の有効活用の可能性と市民の重い負担を重視し、「一部休止」ではなく「全面休止」とした上で、施設の解体・廃止に向けた計画を練るべきと提言してきました。

夏場に練習施設として存続する方針が、競技団体の選手育成強化策や市の負担の面から、本当に有効な策となるのか、十分な検討が必要であると考えます。

4月4日・信濃毎日新聞・夕刊より
長野市は4日の部長会議で、存廃を検討してきた市有のボブスレー・リュージュ施設「スパイラル」について、冬季に製氷せずに「休止」とすることを決めた。1998年の長野冬季五輪の競技会場として整備されて以降、アジアで唯一のそり競技施設として大会や練習で使われてきたが、2018年の平昌(ピョンチャン)五輪後、競技施設としては運営しないことになった。

部長会議は冒頭を除き非公開。市は部長会議の内容を明らかにしておらず、スパイラルがある地元の浅川地区住民自治協議会や市議会に報告した後に公表する。

市から意見を求められていた有識者らの市公共施設適正化検討委員会は2月、冬季の製氷は「『休止』とすることが妥当」と市に提言。製氷に多額の経費がかかる一方、競技者数は限られており、「市民の受益と負担のバランス」から「市民の理解が得られない」と指摘していた。この日の部長会議で、市も同様の判断をしたとみられる。

検討委はまた、夏季の競技トレーニングでの利用は続け、地域活性化に向けた活用を地元住民らと検討していくことも求めていた。このため市は今後、夏季の扱いなどを競技団体側と協議する見込み。浅川地区自治協とも、施設の活用策を検討する方向だ。

市の試算によると、施設を現状通り存続させ、国のナショナルトレーニングセンター(NTC)競技別強化拠点施設の指定を現期間が切れる18年度以降も受ける場合、市の負担は10年間で21億3千万円。一方、冬場の製氷を休止する場合、製氷のために使っているアンモニアを除去した上で、夏場の管理費などに10年間で1億9千万円、20年間で3億円を見込む。

スパイラルは96年、長野冬季五輪の競技会場として101億円をかけて完成。標高約1千メートルにあり、コースの長さは1・7キロ。完成から20年がたち、更新時期を迎えた設備も多いとして市は16年度、存廃を検討。検討委に意見を求めていた。地元や競技団体からは運営継続を求める声が出ていた。

関連記事

総務委員会行政視察➋…愛知県豊橋市「シティプロモーション」

 10日は愛知県豊橋市を訪問。面積261.35㎢、人口は376,800人。愛知県東部・東三河の中心都

記事を読む

IMG_0757

経済文教委員会の視察報告➋高崎市「音楽のあるまち高崎」

経済文教委員会の2日目の視察地である高崎市の報告です。 高崎市 群馬県高崎市は人口370,751

記事を読む

6月市議会の論点・争点(その1)…一般質問から

 6月市議会定例会は12日から14日にかけ、20人の議員が一般質問を行いました。論点や争点になったと

記事を読む

K2016021800000022700_001Z

3月市議会定例会…2月25日から新議場で

 暫くブログ更新ができませんでした。週末毎に出かける機会が続いたのと、パソコンを壊してしまったためで

記事を読む

151220gikainews43_c(amoriban)_page001

市政直行便NO.43【安茂里版】を発行

今年もあと1週間…。 暖冬はありがたいのですが、スキー場は大変です。 地球温暖化・気候変動が気が

記事を読む

150624DSC_0599

戦争法案の撤回求める請願、不採択に

 24日の市議会総務委員会は、市民団体から提出されていた戦争法案の撤回や廃案を求める4つの請願すべて

記事を読む

DSC02384

第25回全国消防操法大会

14日、第25回全国消防操法大会が長野オリンピックスタジアムで開かれ、被災で参加辞退となった熊本

記事を読む

2568452

9日、市議会6月定例会が始まりました…6月議会の課題は?

大雨注意報は連日発令されていますが、なかなかです。 集中豪雨では困りますが、梅雨入りしたのですから

記事を読む

6月定例会…市長の議案説明より[その2]

 加藤市長の議案説明よりポイントを抜粋、[その2]です。  最後に、6億円の一般会計補正予算案の主

記事を読む

140827_2

”介護保険見直し”をテーマに政策フォーラム

昨日27日の夜、長野市ふれあい福祉センターホールで「政策フォーラム=どうなる、どうする、これからの介

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


IMG_1706
12月議会の論点【備忘録・その2】

13日、沖縄県宜野湾市の小学校運登場に米軍ヘリコプターの窓枠が落下、授

20171210SS00003
12月議会の論点【備忘録・その1】

12月市議会定例会は4会派の代表質問を終え、個人質問が続いています。

171207_fusen02 - コピー
永久に不戦を誓う日

76年前の1941年12月8日、日本軍は米国ハワイの真珠湾を奇襲し太平

チラシweb01
劇団“空素”2017公演

「今年は公演ないのかね…」と妻と話をしていた折も折、届きました!201

市議会議場
12月議会が始まりました

もう師走です。 長い風邪っぴき状態から、ようやく脱却できそうです。

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑