立憲主義、民主主義が死滅した日!

今日9月17日午後4時半過ぎ、参議院平和安全法制特別委員会は、怒号の大混乱の中で、「戦争法案」を強行採決しました。
IMG_1063
総括質疑打ち切り動議も(何と、総括質疑は飛ばされていました)、採決を問う宣言も、何ひとつ聞きとることもできない中、自民・公明等の与党の数の力で採決が宣告されました。

採決には有効性のかけらもありません。国民の民意を裏切る暴挙を許すことはできません。

「言論の府」である国会において、立憲主義、民主主義が「死滅した日」と言わなければなりません。

でも、あきらめない!
国民の6割が「戦争法案に反対」、8割が「納得できない。この通常国会で決めるべきではない」…これが民意。

今日も、戦争法案を求める座り込み行動が続けられました。
DSCF5199
夕方からは、JR長野駅前で、戦争をさせない1000人委員会・護憲連合と9条を守る会県連絡会・憲法会議で合同街宣。

社民党(竹内久幸県議)・民主党(埋橋茂人県議)・共産党(山口典久県議)の代表らが勢ぞろいし連帯挨拶しました。
DSCF5219
国会包囲の総がかり行動に呼応し、長野県都の総がかり行動を体現した格好です。

戦争法案を廃案に!

この国の主権者は私たち国民一人ひとりです。最後の最後まで声をあげ続けよう。
DSCF5203
明日18日も戦争をさせない1000人委員会・信州と県護憲連合による座り込み行動を実施します。
強行採決に一大抗議する座り込みです。
夕方17時45分からJR長野駅前で街頭宣伝、デモ行進を行います。

【抗議座り込み】18日13:30~15:30 上千歳広場(トィーゴ駐車場西側の広場)
【街宣・デモ】 18日17:45~19:00 JR長野駅前(旧サンルートホテル前)
ぜひ、合流しましょう。