*

CV22オスプレイの飛行訓練中止などを求め県に申し入れ

12日午後、県護憲連合などで、県に対し「CV22オスプレイの横田基地配備に伴う飛行訓練の中止」と21日に予定される「陸上自衛隊松本駐屯地祭に県代表が出席しないこと」などを求め申し入れしました。

申し入れ団体は、県護憲連合の他、県憲法会議、県教組、県労組会議などの4団体。
在日米軍は4月3日、米軍横田基地に米空軍仕様のCV22オスプレイ10機を配備する計画を公表、5日にはオスプレイ5機が横田基地に到着し飛行訓練が始まっています。

CV22は、県内東北信17市町村を含む「ホテルエリア」(H訓練区域)や、大町市・白馬村・小谷村などの北アルプスの「ブルールート」訓練域で夜間低空飛行訓練を行うことが確実視されています。

オスプレイは、一昨年12月の名護市沖での墜落事故をはじめ、機体を起因とする重大な事故や部品落下等のトラブルが絶えず、機体の安全性に対する信頼が根底から揺らぐ欠陥機です。

昨年3月には、新潟県関山演習場で実施された日米共同訓練に際し、オスプレイが県内上空を通過する訓練飛行を強行しました。千曲川流域に沿って市街地上空を飛行するものでした。
県では、再三にわたり、事前の情報開示を求めてきたにもかかわらず、米軍及び国からは一顧だにされず強行された訓練となりました。

県民の生命・財産の危機が現実のものになろうとしている今日、オスプレイの機体の安全性が確立されていないとの認識に立ち、県内空域における訓練の中止を国及び米軍に求めることを求めるとともに、2016年9月20日の県「基本文書」(長野県・県市長会・県町村会3団体連名の国への要請書)に基づき、予定する訓練の全容にかかる事前の情報開示、県民への説明責任を国に強く働きかけるよう求めました。

対応した池田秀幸・県危機管理監は、「一昨年9月の国への要請は、米軍横田基地へのオスプレイ配備計画を踏まえたもので、訓練全容の事前の情報開示などを強く求めてきている」とし、「必要に応じ、市長会や町村会と相談し対応したい」と述べるにとどまり、改めて緊急に国に要請を行うことは考えていない姿勢を示しました。

➡ABN(長野朝日放送)のニュースより

 

また、21日に予定される陸上自衛隊松本駐屯地祭について、「軍隊」としての活動を披露する駐屯地祭は平和・軍縮の時代に逆行ものであり、とりわけ模擬戦闘訓練や武器の展示、軍用車への試乗などは、まだ十分な判断能力のない子どもたちに好戦的な感覚を植え付けるだけのものであり、教育的見地から、地元松本市長の対応(松本市長は不参加)も踏まえ、県代表が出席しないことを求めるとともに、今後「駐屯地祭」はあくまで駐屯地内部の式典とし模擬戦闘訓練展示や銃器・武器の展示などを行わないよう松本駐屯地に申し入れるよう要請しました。

危機管理防災監は、「自衛隊には災害派遣でお世話になっている。災害への感謝の意を表明するため、県知事と危機管理監が出席を予定している」とし、駐屯地への働きかけについては、「内容のまで言及する立場にない」との従来通りの認識を示すにとどまりました。

さらに、陸上自衛隊松本駐屯地では、県内中学校2年生の職場体験学習を受け入れていることに関し、「ほふく前進」練習が取り入れられていることについて、「戦闘を想起させるものは取りやめるよう県教育委員会を通じて徹底する」ことも要請しました。

県教組の調査によると県内7校の職場体験で「ほふく前進」練習が行われたとされます。

危機管理監は県教育委員会に伝えるとしました。


県への申し入れの前日、11日には、松本地区の駐屯地祭反対連絡会議のメンバーと一緒に松本駐屯地に対し模擬戦闘訓練等を行わないよう申し入れを行いました。

狭い面会室での申し入れです。国民の請願権の行使を軽視する姿勢が露わです。

とりわけ、2月に佐賀県で整備不良による墜落事故を起こした戦闘ヘリ「アパッチ」の飛行が想定されることから、事前の予備訓練を含め、訓練中止を強く求めました。

対応した広報班長は、アパッチは飛行を見合わせていることからコプラと言われる戦闘ヘリが投入されることを明らかにしたうえで「安全確認を徹底している」と強調、従来通りの訓練展示を行うとしました。

4月12日信濃毎日新聞の報道より

21日当日は、抗議集会・デモと監視行動に取り組む計画です。

関連記事

県護憲連合第61回定期総会

 2月11日、県護憲連合の定期総会を開き、「戦争法」の廃止、沖縄連帯・辺野古の新基地建設反対、オスプ

記事を読む

日米開戦から72年…永久に不戦を誓う日

 72年前の1941年12月8日、日本軍は真珠湾を奇襲攻撃し太平洋戦争に突入しました。アジア諸国の人

記事を読む

オスプレイ訓練中止を防衛省に申し入れ

 25日、来年2月下旬から3月上旬にかけて、群馬県相馬原陸自演習場と新潟県関山陸自演習場でオスプレイ

記事を読む

中学生職場体験に駐屯地「ほふく前進」

日本列島を縦断した台風19号は、各地に大きな爪痕を残しました。必死の捜索活動が続けられている御嶽山で

記事を読む

特定秘密保護法の廃止を求める立場で討論

 市民団体から提出された「特定秘密保護法の廃止を求める請願」が総務委員会で不採択すべきもの」となった

記事を読む

オスプレイ配備中止を求める請願、県議会に

[/caption] 今日は、連合長野の地方議員懇談会で、連合が取り組む重点政策の勉強会。冒頭、中山

記事を読む

「自衛隊祭」への知事不参加を県に申し入れ

 15日、県護憲連合で県労組会議や県教組、県憲法会議との連名で、20日に陸上自衛隊松本駐屯地で開かれ

記事を読む

戦後70年…響け「非戦の鐘」

第二次世界大戦、太平洋戦争の敗戦・終結から70年目の8月15日、地元の称名寺で「非戦の鐘」を撞きまし

記事を読む

「あの日から、パパは帰ってこなかった」

 社民党が7月16日に発表した「集団的自衛権に反対するポスター」です。  「あの日から、パパは

記事を読む

敗戦から67年…非戦の鐘

[/caption] 敗戦から67年目の8月15日、「鐘の音に非戦の誓いを込めて、薄れゆく過去を確か

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


震災から7年…岩手県陸前高田市の「今」

西日本豪雨から1週間、被災地での犠牲者は14府県で200名に及び、約7

危険なブロック塀の撤去…補助金を倍増、上限10万に

9日に開かれた市議会・政策説明会で、「ブロック塀等除却事業補助金」を拡

久石譲・市芸術館監督、辞任を表明

8日午後、長野市芸術館の初夏イベント、アートメントNAGANO2018

高齢者対象にバス乗り方教室

西日本を中心に大雨特別警報が継続する中、既に14人が犠牲に、安否不明の

県知事選挙…現職・阿部守一氏を推薦

前線の発達による記録的な大雨で全国に被害が広がっています。 長野市内

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑