8月6日に臨時市議会…議案は?

 8月6日に臨時市議会が招集される予定となりました。

 先のブログに記した新庁舎・新市民会館の建設工事請負契約が議案となります。入札が成立した場合という条件付きです。
 
 さらに、市職労と交渉中の職員給与の減額条例も提案したい意向を示しています。これもまた、市職労と合意した場合という条件付きとなります。
 この件について市長は「市職労との合意が前提」との姿勢を強調しています。この姿勢が揺るがないことを強く求めておきたいと思います。
 県では、県職員の給与削減を巡り、県職労とは妥結・合意できず、交渉を終結させて給与改定条例案を議会に提出、県議会は「止むを得ない」とし賛成多数で可決しました。今回の県の手法・方式が“悪しき前例”とならないことを切に願います。

 予定される臨時市議会は、新市民会館の入札が再度不調に終わり、また職員給与削減について市職労との合意が成立しない場合には、県職員給与に準じる市立長野高校の教職員の給与削減条例だけが議案となります。
 「何とも…」といったところです。

 猛暑が続きます。熱中症にはくれぐれもご注意ください。