第6回アモーレ・フェスタ

ステージで…安茂里小学校合唱部、踊りの振りつきで楽しく爽やかな発表でした。

 11月4日、秋晴れのもと、安茂里総合市民センターや体育館を会場に、第6回目となるアモーレ・フェスタが開催され、大勢の皆さんで賑わいました。安茂里地区住民自治協議会の自主企画のメインの一つとして取り組まれているもので、「安茂里の文化祭・祭典」として定着してきています。

民生児童委員協議会のコーナー


屋台も大賑わい、私も焼きそばをいただきました。

 ステージでは、地区内の小学校、中学校からマーチングバンドや合唱、演劇の発表が、体育館では、子どものための工作教室や骨密度測定、生ごみ堆肥化などの体験コーナー、広場では消防車やパトカーの試乗展示、また焼きそばやトン汁の屋台が並び、子ども達からお年寄りまでが楽しく集う企画となりました。

風船コーナー、子どもたちはもちろんですが、指導係の大人の皆さんの生き生きした笑顔が印象的。

 ステージの舞台設営や司会進行役を地元の長野工業高校や裾花中学校の生徒が担い、手作り感満載のイベントです。
 私は開会式で、準備をいただいた実行委員会の皆さんの労をねぎらうとともに、「安茂里の祭典の取り組みが地域コミュニティの再生につながることを願います。楽しい一日にしましょう」と簡潔に挨拶させていただきました。

AEDの体験コーナー、真剣なまなざしで…。


外では、消火器体験も。親子での体験の様子は微笑ましいです。


定番?となった裾花小学校マーチングバンドの発表。関東大会に出場するそうです。


長野工業高校・情報技術科の皆さんのおもちゃ病院…壊れたおもちゃの修理依頼に真剣に応えていました。