*

「子ども支援のまちづくり条例を創る」

あっという間の90分…喜多明人教授の指摘を活かしたいものです。

 20日、早稲田大学の喜多明人教授を招いての研修会が開かれ参加。喜多氏は子どもの権利条約ネットワーク代表、チャイルドライン支援センター副代表などを務めるとともに川崎市の子ども権利条例制定に関わるなど、現場第一線で活動している著名な先生です。超党派有志でつくる市議会の「子育ち・子育て検討会」が呼びかけたもので、議員や市教育委員会、市保育家庭支援課の職員、NPOの皆さんら約50人が参加しました。

 喜多教授は、「『他者から必要とされていない』など『受容されない子どもたち』が増えている。学習意欲をはじめ、人と関わる意欲、立ち直る意欲が減退し自己肯定感が低下していることが問題」と指摘、「受容され愛されて育つ権利(子どもの権利条約前文)が侵害されている」といった認識の下に「自己肯定感(能動的活動意欲)の回復が課題」と述べました。

 そのためには、「従来の指導、健全育成が行き詰まっていることを認識し、子どもの指導・管理から『子ども支援』へ転換すること、子どもの自分育ちを支援することが重要」「教えられて育つ=教育を受ける権利、自己の意思と力で育つ=自己形成の権利を柱とする『子どもの権利』の視点が大切」と強調します。

 また、奈良県の「声かけ禁止条例」(05年7月施行)や「イカのおすし」(註)現象など、「子どもに優しくないまち」に歯止めをかけ、双方向で支援し、まちづくりへの子どもの参加を促し「共に生きるまちづくり」を進めることが課題とし、「条例により子ども支援の施策を継続的、安定的に発展させることが重要」としました。

 なるほど、興味深く聴きました。市では昨年4月、子育ち・子育て支援の総合的な指針となる「次世代育成支援行動計画・後期行動計画」である「ながの子ども未来プラン」を策定しました。子どもの権利条例については、検討課題とされています。まずは、議会やNPOがリードし、子どもの権利条例の制定に向けた世論づくりが不可欠です。 

長野市が策定した「長野こども未来プラン」

 それにしても「自己肯定感の喪失」は深刻です。周りに、社会に、主体的に関わろうとする意欲の停滞は、子どもに限った現状ではないからです。研修会の中でも行政職員の意欲も問題視されていました。その意味では、成長期にある子ども時代に如何に自己形成が図れるかがカギということですね。

 (註)子どもへの犯罪を未然に防ぐため警視庁が考案した防犯標語。いかない(知らない人についていかない)、らない(知らない人の車に乗らない)、おきな声で呼ぶ、ぐ逃げる、らせる(何かあったらすぐ知らせる)が内容。歌や踊りにもなっている。

関連記事

合同会派総会…新たな課題

 昨日9日、午前中に合同会派総会(市民ネット・改革ながの・公明・無所属議員と合同の会合)があり、行政

記事を読む

河川氾濫を想定し長野市水防訓練

6月4日、長野大橋南の犀川右岸でH28年度長野市水防訓練が行われ、危機管理を所管する市議会総務委員会

記事を読む

6月市議会の論点・争点(その1)…一般質問から

 6月市議会定例会は12日から14日にかけ、20人の議員が一般質問を行いました。論点や争点になったと

記事を読む

12月市議会定例会が終わりました

 今朝は一面、雪で真っ白に。本格的な冬の訪れを感じます。  12月15日にHP本編にアップした

記事を読む

12月市議会の課題(その1)…加藤市長の議会への基本姿勢

 20日午前中、会派合同会議が開かれ、11月29日から開会する12月市議会の議案等が報告されました。

記事を読む

新しい議場で…3月市議会定例会始まる

 新第一庁舎、新しい議場での議会が始まりました。  フラットでオープンな議場です。やはり緊張感が漂

記事を読む

新市民会館建設で、市民合意の最優先を求め討論に

★合併特例債の5年間期限延長を活用し、十分な市民合意の形成を!  12月16日の議会最終日、新市民

記事を読む

長野市長選挙…予定候補への公開質問状に対する回答

長野市議会「改革ながの市民ネット」で取り組んだ市長選挙予定候補者に対する公開質問状の回答が、現段階に

記事を読む

スパイラル「冬期の製氷休止」方針 正式発表…将来の再整備に余地残す

10日、市議会の会派総会がそれぞれ開かれ、ボブスレー・リュージュパーク=スパイラルの存廃問題を巡る市

記事を読む

社会包摂型劇場経営の実践…可児市文化創造センターala➊

先週になりますが、27日、市議会経済文教委員会で岐阜県可児市の文化創造センターalaを視察して来まし

記事を読む

コメントを残す

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


「市民総元気予算」と命名されたH30年度予算案

長野市は15日、総額1,499億5,000万円のH30年度一般会計当初

県交運…交通・物流で県に要請

15日、長野県交通運輸労働組合協議会で県政要請を行いました。

バレンタインデー

娘たちからバレンタインデー・プレゼントが届きました。 長女からは

市政直行便NO.48…今更の新春号です

2月も既に半ばを過ぎようとしている時期になってしまいましたが、市政直行

新年度…市役所の組織・機構見直しの「ハテナ」?

9日から始まった平昌冬季五輪…メダル獲得がすべてとは思いませんが、ジャ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑