安茂里地区で土木要望の現地調査

10月7日~8日、安茂里地区の土木要望事業の現地調査が実施され、地元議員として立ち会いました。

生活道路である市道の舗装や通学路の安全確保、用水や側溝の改修、カーブミラーの設置、沢の浚渫や改修などが主な内容で、区長をはじめ区役員の皆さんに案内いただきながら、安茂里支所、道路課・維持課・河川課・森林農地整備課の職員らが同行し現地で要望を確認し、事業化の是非を検討していく取り組みです。

2日間、10月の”夏日”で、しっかり日焼けしてしまいました。調査は歩きが基本で、2日間で22,000歩に。久々に結構歩きました。

急傾斜地に囲まれ土砂災害の危険性が高い安茂里地区は、沢や用水の改修要望が切実です。市では、太田沢・犀沢・権現沢の3つの沢に単年度2,000万円で集中改修を計画しています。3か年計画です。

生活環境の向上を図るため、前向きで迅速な対応を市に求めました。調査を終え、市側の対応をしっかりチェックしていく所存です。

安茂里地域を一望。7日夕刻、大門・正覚院北の山間から