大活躍した平昌五輪選手に市民栄誉賞・市長特別賞


4月3日午後、平昌冬季五輪大会で顕著な功績を上げ、市民に明るい元気を与えてもらったとして、スピードスケート500mで金メダルを獲得した小平奈緒選手をはじめスキーノルディック複合・ノーマルヒル個人で銀メダルとなった渡部暁斗選手、スピードスケート500mで5位入賞を果たした山中大地選手ら8人に、長野市民栄誉賞と長野市長特別賞の表彰式が行われ、駆けつけた多くの市民の皆さんと一緒に激励しました。

初夏を思わせるような強い日差しの中、完成したばかりの「桜スクエア」での表彰式です。

小平選手の「尚、高みをめざしたい」、渡辺暁斗選手の「北京では金メダル」と力強く抱負を語っていたことが印象的です。

夢と元気をありがとう!大きな声援をおくりました。

古い写真ですが、メダル獲得時に庁舎に掲示されたお祝いの横断幕です。

午前中は地元の松ヶ丘保育園の入園式

入園式は賑やかです!

可愛い入園児・進級児の子らに声援をおくりました。

松ヶ丘保育園のコヒガンザクラ、満開です。