*

12月議会の論点・焦点[その1]

公開日: 長野市政/市議会

 12月市議会は、付託議案を審査する常任委員会を終えて、17日の最終日を残すだけとなりました。
 就任以来、フットワーク軽く、現場主義に徹する加藤新市長のもとでの初めての市議会定例会。
 代表質問・一般質問のやり取りから、議会中の記者会見での市長発言も含めて、理事者側の答弁を中心にポイントを拾ってみました。2回に分けて報告です。

 市長直轄プロジェクトの設置をはじめ、観光振興や産業振興の分野では、新市長の意欲が感じられます。しかしながら、施政方針で打ち上げた“子育て支援先進都市”は「子ども支援部の創設・総合相談的口の設置」以外の具体となるとまだまだ霧の中…、福祉分野の施策については管理職が作成した原稿棒読み状態で、前例踏襲の域を出ていない感想を持ちます。
 「国の制度は所与の施策として」とした前市長の基本姿勢は、”変える”対象にはなっていないようです。加藤カラーの打ち出しは、前例踏襲の見直しについては、新年度予算案の編成まで猶予をもって注視したいと思います。

◆子ども支援部、4月新設へ…子どもに関する総合窓口の開設へ。発達障害など専門チームをつくり対応、地域子育て支援センターとの整合性を図る。結婚・妊娠・出産・子育て・教育をパッケージで対応できる組織改編としたい。学校教育との連携が課題、教育委員会からの移管は難しい。子ども支援部創設は大歓迎なのだが、具体はなかなか見えて来ない。県が策定する「子ども支援条例」との整合性、そして中核市としての役割・独自性も問われることになりそうだ。

◆子ども福祉医療費の対象年齢拡大…新設する子ども支援部において、現状を把握し、所得制限や開始時期を検討。所得制限を設けない場合、対象者(中学生)は9,800人。医療費分で1.12億円、医療機関への事務手数料やシステム改修を合わせ1.5億円と試算される。

◆中山間地域活性化対策プロジェクト…支所機能の充実、支所長権限の拡充を上げるが、一方で「行政の効率化というバランスも考えなければならない」とも。まだまた暗中模索状態か?

◆農業振興…産業振興ビジョンの5つの課題の中に位置づけており、独自のアクションプランを作成する考えはない。農業振興にかかわる市民アンケートの実施は、審議会において専門家や公募市民意見を反映してきていることから、現時点で考えていない。

◆やまざとビジネス支援補助金…二次審査後に地域説明会を実施し、住自協からの意見書提出を踏まえ選定するよう、ルールを見直して実施。

◆地域おこし協力隊…篠ノ井信里・戸隠・鬼無里・大岡・信州新町の5地区から10名の募集を検討。地域おこしと若者の定住促進を狙いとする同事業では、市として「移住・交流促進機構(JOIN)と総務省が来年1月に開く「地域おこしフェアー」にブースを開設し、アピールする考え。住自協の主体的な関わりが不可欠。他自治体に比べ遜色のないアピールができると市民活動支援課。やまざとビジネス支援事業と合わせ、大いに期待したいものではある。

◆減反政策の大転換…「それほど大きな影響はない」との認識示す。農地中間管理機構が市町村に設置されることになるが、詳細は年明けの県の説明会を踏まえて対応。減反政策の廃止に伴い大規模農業への集約化が進められることになるが故に、中山間地域の農業、耕作放棄地はますます手がつかない状況らなってしまうことは明らか。市の抜本的な対策は不可欠である。

◆新年度予算案…H27年春の新幹線延伸と善光寺御開帳に向け、庁舎・市民会館、JR長野駅前広場、南長野運動公園総合球技場の整備など大規模プロジェクトにより1700億円を超える予算規模となる(記者会見では1800億円規模と発言)。市民生活にかかわる分野は必要な水準を確保する。「大きな影響はない」と断言。ホントだろうか、十分な検証が必要である。
 公共施設の命名権の販売(ネーミングライツ)による財源確保を検討する、しかし市民会館への命名権導入は否定的と伝えられる。

◆プロジェクト事業最適化検討委員…建築や土木・環境分野などから、6人の委員を選任。「微修正」にとどまるのか、大胆な見直しに踏み込めるのか、まずは成り行きを見るしかないか。

◆若年者の就労支援…市独自に就労支援サイトを立ち上げる。企業には無料で参加してもらう仕組みとする。

◆公共施設見直し…公共施設マネジメント指針を作成し、来年度に検討組織立ち上げへ。

◆新庁舎・市民会館の駐車場750台確保…平面整備が困難なことから立体駐車場を検討してきたが、市長の指示もあり、広場としての利点や既存財産の活用も含め、見直しを検討。
 事業費には、立体駐車場・周辺道路整備・什器類・第二庁舎のレイアウト変更は含まれていない。全てを見込んだ事業費の算定・市民開示が急がれる。

◆県短期大学の4年生化…後町小学校跡地を更地にして県に提供。学生寮やキャンバスの一部として活用を検討。地元住自協やPTAの災害拠点や社会体育施設としての整備要望については、今後とりいれられるかを県と協議。さらに、三輪キャンパスに隣接する美和公園の活用や周辺の道路環境整備でも県に協力していく考えを示す。

◆須坂市仁礼に続く次期最終処分場候補地…広域内において北部地区(信濃町・飯綱町)と南部地区(小川村・戸隠/鬼無里/信州新町/中条地区)が対象となる。3ha以上の公有地または民有地が必要で検討に着手している。早期選定に努めたい。

◆学校給食のアレルギー対応…現状では困難だが重要な課題。第四学校給食センターには専用調理室を設置することから積極的に検討する。

◆学校給食センターの地産地消…農協との契約栽培について検討会を開き協議。食材の安定供給や価格の設定方法について、年度内に再検討する。導入に向け調整中。

◆生活保護の支給額減の影響…35の施策について影響が生じる。子どもの就学援助では、対象者3652人のうち、120人(3%)が対象外となる。今のところ、現施策を維持すると答弁。生活保護法が改悪され、これからの厚生課での窓口対応、扶養義務者の調査の実施が課題となる。真に必要な市民のセーフティネットとなる生活保護行政を求めたい。

◆老人憩いの家の統廃合…H24年度の利用者は19万6千人余りで5年間で3.6万人減となり、利用者も固定化している傾向にある。若穂・新橋は耐震改修が必要な施設、茂菅は土砂災害警戒地域にかかっていることから、来年度策定する第7次計画において審議会で検討。

◆婚活支援…加藤市長の公約の一つで、「新たな出会いの場をつくる」と早急な対応が必要との考えを示す。未婚化や晩婚化を踏まえたもので、長野商工会議所の「マリッジサポートセンター」などとも連携し、ニーズを把握する調査に乗り出す。出会いは民間にゆだねつつ、むしろ結婚できる収入の確保や新婚世帯への住宅支援など、行政としてはソフト面での支援を行うことが効果的と思うのだが…。

関連記事

生活困窮者支援…パーソナル・サポート事業

 28日、「どうなる?!パーソナル・サポート事業」をテーマに県労働会館で「政策フォーラム」を催しまし

記事を読む

都市内分権審議会

 東日本大震災から4か月、そして市議選告示まで2か月となった7月11日、午前中は議会報編集委員会、午

記事を読む

J2ジェフ市原のホームグランド=千葉市蘇我球技場「フクアリ」

 先々週のことになってしまいましたが、5月22日から24日、市議会建設企業委員会で行政視察を行いまし

記事を読む

長野市議会の議会報告会…5月連休明けに実施へ

 9日、市議会に設置された議会活性化検討委員会で、議会報告会の実施について協議し、5月の連休明け、7

記事を読む

第四学校給食センター建設工事の現況。来年4月にはオープン予定だったのだが…。

市教育委員会で国交付金の申請漏れ…29億5,700万円余の財源確保に影響

 6月市議会定例会は9日から24日までの会期16日間で開かれます。  この6月議会に先立ち提出議案

記事を読む

住民投票の実現を…街頭から訴える

[/caption]  議員提案する住民投票条例案について、市民の理解を求めるとともに、身近な

記事を読む

交通空白地域で、乗合タクシー安茂里線が本格スタート

[/caption]  4月18日午前7時40分から、長野市乗合タクシー「安茂里線」の出発式が

記事を読む

150511学校給食

アレルギー対応食、学校給食でH29年度から順次提供へ

 長野市教育委員会・保健給食課は、学校給食センターにおける食物アレルギー対応食の提供をH29年度から

記事を読む

DSC00208

96歳&90歳

実家・富山に居る私の両親は、ともに大正生まれで、父が96歳、母が90歳となります。 長寿の夫婦

記事を読む

IMG_1214@

若穂・保科温泉線の新しい運行形態の教訓は何か【3月議会の質問より➌】

 2015年(H27)3月に不採算のため廃止された長電バス・保科温泉線は、H27年度1年間は廃止代替

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


IMG_0778
新庁舎のひび割れ…「建物の安全性は担保」と専門家評価

第一庁舎・芸術館の建物外壁に686箇所のヘアークラック(微細なひび割れ

IMG_0765
安茂里スポーツ祭典、盛大に

31.7℃…真夏日となった21日、犀川第一グランドを主会場に第43回安

20170519SS00001
共謀罪法案を廃案に!全国同時アクション

金田法務大臣の不信任決議案を否決した政府与党は、今日19日の衆院法務委

毎回「はな」を演じる信州裾花彩鳥太鼓の皆さん。H5年に素人集団16人からスタートされたそうで、研鑽を磨き、今や大活躍の和太鼓グループです。
杏の里 春の祭典…安茂里文化芸術祭

40回目を数える「安茂里文化芸術祭」が14日、安茂里公民館で催されまし

IMG_0710
自治政策講座in東京

5月11日~12日、東京・市ヶ谷の「こくほ21」で開かれた自治体議会政

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑