消防団の年末特別警戒

28日から30日の3日間、消防団による年末特別警戒が実施されました。年末恒例の取り組みです。

30日夜には、市消防局や市消防団の巡視が行われ、消防安茂里分団の巡視式に出席しました。

真っ暗な中での巡視式。ブレ写真ですみません。

真っ暗な中での巡視式。ブレ写真ですみません。

暖冬とはいえ、夜間の厳しい冷え込みのもとで年末警戒にあたる消防団の皆さんには心から感謝申し上げます。

今年は、安茂里地区では残念ながら火災が相次ぐとともに、認知症高齢者の行方不明者の捜索出動にも尽力いただきました。

私は、年末警戒の最終日、万全の体調管理に備えながら地域の安全のために奮闘いただくことに改めて感謝を申し上げつつ、2016年が無火災の一年となり、防火・防災意識の一層の醸成に向け活躍いただくことを願って挨拶させていただきました。

午後9時、「火の用心」を願う半鐘が響きました。安茂里分団詰所前にて。

午後9時、「火の用心」を願い、安茂里分団詰所前の半鐘が響きました。


年明けから、消防団支援活動の一環で県事業として「信州消防団員応援ショップ事業」が始まる予定です。消防団員の尽力に対する福利事業として実施されるもので、登録店舗や施設から一定の割引サービスが受けられるというものです。

こうした支援活動が広がり、消防団員の拡大と消防団活動への理解につながることを願います。