市政直行便NO.39初夏号を発行

 信州も梅雨入りです。この処、朝夕の涼しさが際立っていますね。熱中症を心配していた頃がウソのような天候です。
 不順な天候が続きそうです。ご自愛ください。

 市政直行便NO.39を作成・発行しました。150605gikainews_39@
 3月市議会定例会の速報版として作成したNO.38号外の、いわば詳報版です。

 より良い公共交通ビジョンの策定に向けた質問をはじめ、NO.38号外を幾分補強した内容です。

 長野市民病院の地方独立行政法人化の課題や、20%縮減を打ち出した「公共施設マネジメント指針」の意義と課題などは次号に回すことにしました。

 合間を見ながら地域配布です。

 さて、6月市議会定例会が6月12日から29日の会期で開かれます。

 約6億円余の一般会計補正予算案をはじめ、善光寺御開帳の教訓とこれからのまちづくり、「連携中枢都市圏構想」や「人口ビジョン」「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定、「地方独法化する長野市民病院の中期目標」等々が論点となりそうです。

 市民から提出される「戦争法案」の廃案を求める請願への対応も、一大焦点です。
 長野地区護憲連合や「戦争をさせない1000人委員会・ながの」で請願提出の準備が進められています。