比例区は社民党へ

投票日まで2日を残すのみとなりました。

社民党は、議席増と全国2%得票を目指し、全国で小選挙区に公認9名、比例単独6名を擁立し、推薦1名を含め、「生存のための政権交代」「非正規・貧困社会からの脱却」を掲げ、野党と市民の共闘で岸田政権退陣に追い込むため全党を挙げて奮闘しています。

比例北信越ブロックで運行できる社民党選挙カーの県内入りは22日から24日の3日間のみ。22日、主要駅頭で「比例は社民党」を訴えました。

我が党は沖縄2区でリードし、推薦の新潟5区とともに議席獲得に近づいていますが、比例区では苦戦を強いられています。

長野県5つの選挙区では、すべて市民と野党の統一候補が勢ぞろいし、自民党候補と激しい議席争いを展開しています。

長野1区は統一候補である「しのはら孝」さんを圧勝させ、自民候補の比例復活当選も阻む戦いにしたいと思います。もうひと踏ん張り!頑張り抜きたいものです。

一方、小さくなったとはいえ、「平和・自由・平等・共生」を理念とする我が国における社会民主主義政治潮流の足場を確保し、野党共闘の“要”的役割を果たし、政治転換・政権交代の一翼を担える力を保持することが何としても必要であると考えています。

比例北信越ブロックでは、党新潟県連連合の五十田裕子副代表を単独名簿登載し、「比例は社民党」の得票拡大にも取り組んでいます。

「比例は社民党」、よろしくお願いします。