総選挙予定候補5人、野党が勢ぞろい…政権交代へキックオフ集会

24日午後、信州市民連合が立憲民主党、共産党、社民党、県内野党3党に呼びかけ「市民と野党の共闘で政治を変えるキックオフ集会」が開かれました。

秋の総選挙に向け、信州市民連合と野党3党との間で合意・締結した「政権交代に向けた基本政策・確認書」、そして選挙区ごとに市民連合と予定候補者間での「確認書」締結を踏まえ催されたもので、県内5選挙区の予定候補者が勢ぞろいし、政権交代への決意を固め合いました。

総選挙に向け、信州市民連合が橋渡しとなり、県内3野党、そして5つの選挙区の予定候補者が勢ぞろいしたことは歴史的画期です。あとは勝ち抜くのみです。

 ➡市民と野党の共闘予定候補者

長野1区 篠 原   孝 さん(立憲民主党/衆議院議員)

長野2区 下 条 み つ さん(立憲民主党/衆議院議員)

長野3区 神 津   健 さん(立憲民主党)

長野4区 長 瀬 由希子 さん(日本共産党)

長野5区 曽 我 逸 郎 さん(立憲民主党)

信州市民連合の又坂常人共同代表(信大名誉教授)は「自民党の経済政策で格差が拡大し、公共福祉の弱体化を招いた。平和のうちに健康で文化的な生活をする権利を実現するには政権交代しかない」と訴え、基本政策で合意した県内5人の市民と野党の共闘候補全員の勝利を力強く呼びかけました。

県レベルで、すべての選挙区で市民と野党の共闘が実現したのは全国で初めてとなります。長野モデルを全国に広げ、政権交代の扉を切り開きたいものです。

社会民主党長野県連合は17日、迫る総選挙に向けて市民団体で信州市民連合と政権交代をめざし共通政策を盛り込んだ確認書を締結しました。 社...