*

特別委…権堂地区再生で「まちづくり協議会」と意見交換

公開日: 長野市政/市議会

権堂まちづくりセンターで。まちづくり協議会の皆さんと意見交換、委員長として挨拶。

 「権堂地区再生の現状と課題を現場から探ろう」とまちづくり・公共交通対策特別委員会で13日、権堂地区を現地視察するとともに、権堂まちづくり協議会の皆さんと意見交換会を持ちました。忙しい処、お集まりいただいた協議会の皆さん、本当にありがとうございました。
◆現地・計画区域を歩いて視察
 まず、セントラルスクゥエアに完成した冬季五輪メモリアルポケットパークと秋に大型観光バスの駐車場実証実験を行う予定区域、都市計画道路・県庁緑町線の予定地等を視察。権堂の裏通りの“昼の顔”は“寂れ感”が漂います。

セントラル・スクゥエアの一角に完成した「表参道長野オリンピックメモリアルパーク」。もっと成長した樹木を植樹すれば、殺風景な駐車場が隠れるのに…。予算がなかったとのこと、成長に期待するしかないようです。


 この後、権堂地区再生計画の三つの拠点、一つに「市民交流ステーションの整備」とされる権堂B-1地区再開発の状況をイトーヨーカドー前から概観し、二つに「劇場を核とした滞留空間の設備」と位置づけられる旧富貴楼跡地の「(仮称)市民交流市場(いちば)」、長野ロキシー相生座の「(仮称)権堂劇場」、そして三つに「情報発信拠点の整備」とされる「権堂まちづくりセンター」で権堂まちづくり協議会の皆さんと意見交換といった具合です。

蔵の活用に取り組む「OPEN」の一角で。パティスリーがすでにオープンしています。


蔵リノベーションをけん引する倉石さん(左)と長峰さん(右)。若い皆さんの発想と行動力に期待大です。

 また、旧呉服問屋の土蔵を活用し、カフェやデザイン事務所などが入居する施設「OPEN(オープン)」も視察。場所は権堂アーケード西側入り口近くの旧北国街道沿いで約700㎡の敷地を利用します。30代の若者が中心で「蔵が好きなことが原点。誰もが集まれる場所にしたい」と、手作りで建物の改造に取り組んでいるところでした。

◆確実に動き出してはいる権堂再生
 意見交換会では、「権堂で生活する“ひと”を発見し、“ひと”同士のつながりを作りたい」と手作りで発行する「権堂かべしんぶん」や権堂FM放送を通じた情報発信、権堂バル(飲み歩き)の取り組みを通した若い層の引き寄せ、セントラルスクウェアでの観光バス駐車場実験と連動した観光ガイドの養成など、再生に向けた新たな取り組みが報告されました。

午後2時過ぎの権堂アーケード街。時間帯によりますが寂しさが…。この商店街アーケードを活かし活性化を図ることがカギ。

 協議会副理事長を務める(株)まちづくり長野の越原常務は「権堂再生はハードだけでなくソフトも含めて、目に見えて動き出しているところ。若い人たちの発想を活かし、確かな再生につなげたい」と語ります。また、工藤副理事長は「中央通りを“善光寺物語通り”にしていきたい。旧北国街道の善光寺表通り(かつてのメイン通り)をもっと活用したい」と将来への意気込みを語ります。

◆もう一つの視点…求められる「生活拠点」の発想
 一方、歩行者優先道路化が進む中央通りに大型観光バスが往来することへの懸念も示され、子育て世代からは「子どもたちの遊ぶ場所がない。児童センターなど子どもたちを預ける場所がない。若い世代が商売を続けるための環境整備が必要」との声も。
 権堂B-1地区再開発で公共施設として子どものための施設や地域包括支援センターなどの福祉施設の導入を検討すべきとしてきた一人としては、「意を得たり」の感も…。「人が集い交流する拠点」づくりと合わせて、「人が住まう生活拠点」づくりの発想が必要であると痛感しました。
 私は、権堂地区の再生は、市内唯一のアーケードを活かし、商店街の活性化を図ることがガキだと考えています。アーケードを歩くとシャッターが閉まった店が増える一方、ファッションクラブとか風俗系の店が出店してきています。飲食店と古くからの衣料品店等が混在するアーケードに何が足りないのか、再生に必要な業種・業態は何なのか、もっと考える必要があるように思われます。

◆将来見通せない「県庁緑町線」

都市計画道路・県庁緑町線の現状と計画調査範囲

 ところで、懸案の「都市計画道路・県庁緑町線」の将来が極めて厳しい現実にある事もわかりました。県庁通りの県庁西交差点から東西に長野大通りを結ぶ県庁緑町線は、総延長840mでS42年に都市計画決定したものですが、S40年代に690mを整備したものの、権堂地区内の150mが未整備のままとなっています。地権者による境界画定すらなかなか進まないもとで、市では現在、区画整理手法による計画調査に着手していく方向性を示しましたが、順調に事業が進展する見通しは厳しそうです。
 中心市街地の交通セルの整備、大型観光バスの駐車場の在り方、さらには後町小学校の跡利用と連動する「県庁緑町線」の整備は待ったなしです。「早急な整備」を求め続けるしかなさそうです。

◆門前町の魅力とは?
 特別委員会としては、現地を歩き、再生に取り組むまちづくり協議会の皆さんとの意見交換が懸案の課題だったですが、ようやく実現にこぎつけることができました。 
 古くから権堂で営業する皆さんと若い世代の皆さんとの横のつながり、人のつながりが広がっていることを実感することはできました。権堂中央部での「権堂劇場」「市民交流市場」の社会実験に向けた準備も始まっているところですが、蔵リノベーションの取り組みと合わせ、“ひとの魅力”が広がり、“ひとが集う”ことを大いに期待したいと思います。
 意見交換の中で「松本と比べた長野の魅力とは?」と問いかけられました。何かと比較対象となる両都市ですが、長野市街地の魅力が善光寺を中心する門前町にある事は異論がないと思います。城下町とは違う歴史と文化が息づいているわけで城下町を真似ても違和感があります。城下町にある「華やかさ」ではなく、素朴で質素…「地味」であることが魅力だと思っています。もっとも、この「地味感」を魅力としてどのようにセールスするのかが見えているわけではありませんが…。
 新年度の予算要望で提言したのですが、善光寺御開帳だけでなく、善光寺平和サミットとか、祈りにつながる企画があってよいと思います。

関連記事

「旧屋代線へのLRT導入困難」を審議した特別委員会

 2日、市議会のまちづくり・公共交通対策特別委員会を開き、長野電鉄屋代線跡地への次世代型路面電車LR

記事を読む

国道19号の歩道整備を国に要望

[/caption]  25日、国土交通省関東地方整備局長野国道事務所に出向き、国道19号の歩道整

記事を読む

無原則な使途拡大に歯止め…「政務活動費」への条例改定

 地方自治法の一部改正で、地方議員を対象に交付されている「政務調査費」が「政務活動費」に改称され、こ

記事を読む

3/2…こんな質問をしました

3月2日、本会議で一般質問を行いました。 再質問をせざるを得ない場面が多く、案の定、質問時間が無く

記事を読む

”ながの銀嶺国体”始まる

27日、第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」の開始式が長野市芸術館で催され、スポーツ振興を

記事を読む

市政直行便NO.46号発行しました

 週明け22日(水)には参院選が公示されます。  18日土曜日は、社民党の市内街頭宣伝活動を実施、

記事を読む

住民投票の実現を…街頭から訴える

[/caption]  議員提案する住民投票条例案について、市民の理解を求めるとともに、身近な

記事を読む

3月2日(木)…5つのテーマで本会議質問

3月市議会定例会は、3月1日から2日にかけて、市議会会派の代表質問。 改革ネットは池田清市議が代表

記事を読む

【続報】大ホール…舞台の半分が見えない

11日、市議会議員を対象とした庁舎・芸術館の内覧会が行われました。 波紋を広げている芸術館大ホ

記事を読む

市議会と商工会議所との懇談会

 12月1日、師走です。  長野商工会議所の呼びかけで、市議会の常任・特別委員会の委員長らとの

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


「市民総元気予算」と命名されたH30年度予算案

長野市は15日、総額1,499億5,000万円のH30年度一般会計当初

県交運…交通・物流で県に要請

15日、長野県交通運輸労働組合協議会で県政要請を行いました。

バレンタインデー

娘たちからバレンタインデー・プレゼントが届きました。 長女からは

市政直行便NO.48…今更の新春号です

2月も既に半ばを過ぎようとしている時期になってしまいましたが、市政直行

新年度…市役所の組織・機構見直しの「ハテナ」?

9日から始まった平昌冬季五輪…メダル獲得がすべてとは思いませんが、ジャ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑