信州市民アクション…4野党と安倍政権退陣をアピール

20日から始まる通常国会を前にした19日、JR長野駅前で、憲法改悪に反対し市民と野党の共闘を求める市民団体「信州市民アクション」が、4野党の代表らと一緒に、安倍政権の退陣をアピールしました。

今通常国会は、首相主催の「桜を見る会」を巡る政治の私物化、杜撰な公文書管理の問題やカジノを導入する統合型リゾート施設(IR)事業における汚職問題、さらに法的根拠もあいまいなまま強行される自衛隊の中東派遣など、嘘と偽り、隠ぺいを重ねデタラメな政治を続ける安倍政権を退陣に追い込む野党の結束した取り組みが問われています。

国民民主党からは篠原孝衆議院議員、立憲民主党は杉尾秀哉参議院議員、共産党からは武田良一参議院議員、社民党からは県連副代表として私が、それぞれ、信州市民アクションと連携し安倍政治の終わりの始まりを確かなものにするよう訴えました。