師走です…霜月を振り返って【短信】

早、師走です。「光陰矢の如し」実感します。

「時の流れを早く感じる」理由は多々あるようです。

心理学的には「ジャネーの法則」が知られていますが、身体的には「新陳代謝が低くなること」が指摘されています。つまり脳の老化ってことですかね…。

好奇心の劣化を抑え、新陳代謝を高める努力が必要ってことでしょうか。

なんか慌ただしく過ぎた11月「霜月」を振り返って、ブログをさぼった分、「短信」でお伝えします。

11/10-11地元の文化芸能祭

小市と伊勢宮の文化芸能祭にお邪魔しました。

11/12上越市議会との交流会

ごみ焼却施設の上越クリーセンターと6月にオープンした上越水族博物館「うみがたり」を訪問視察。上越市は家庭の生ごみを原則たい肥化しています。新しい焼却施設には「灰溶融炉」を導入していません。「スラグの再利用が確立されていないから」と担当者。英断です。

「うみがたり」は当初71億円の建設費が113億円にも膨れ上がり、議会でももめた案件。オープン後は賑わっているようですが、リピーターは増えるのでしょうか、いささか…?という印象を持ってしまいました。

11/14信濃富山県人会総会

昨年は参加できず。県人会の皆さんとは2年ぶりの再会に。

11/16京都朝鮮学校中等部の生徒、松代大本営地下壕を案内

11/18母親の三回忌、父親の一周忌で富山に

11/25又市征治・社民党党首を招き時局講演会