最終最後…杉尾ひでや・社民党を訴える

参院選最終日の9日、選挙区・杉尾ひでや候補は安茂里の農産物直売所前で最後の街頭演説会。

「選挙区、一歩も譲らず」「自民党単独過半数、改憲勢力3分の2の勢い」に「とんでもない、えらいこっちゃ」、そんな危機感をもって100人を超える皆さんに駆けつけていただきました。

地元の市議として応援弁士に。必勝へのエールを送りました。
DSC01574
DSC01580
DSC01575

そして、社民党青年メガホン隊です。「比例は社民党」を訴え続けました。
DSC01562
DSC01564

日本の未来を決する重大な分岐点、分かれ道に立つ参院選挙です。

三つのことが問われています。

一つは、平和憲法の解釈を勝手に変えて「戦争する国」にしていいのか。

二つに、一部の大企業と富裕層に富を集中させるアベノミクスで、格差と貧困が広がり続けていいのか。

三つに、これからの時代を担う子どもたち・若者たちが希望をつなげない政治でいいのか。

答えはすべて「ノー」です。

だから杉尾ひでやなのです。だから社民党なのです。

改憲勢力に3分の2の議席を許さない!
明日の投票日、自民・現職を突き放そう。

長野県を代表する一議席を、平和守る一議席を、政治の谷間に光を当てる一議席を、杉尾ひでや候補で勝ち取ろうではありませんか。押し上げようではありませんか。

勢いは市民と野党の統一候補、わが陣営にあり!
必ず勝てます!勝利を確信して!

明日の投票日、間違いなく投票に行きましょう。選挙区は杉尾ひでや、比例区は社民党、どうかどうかよろしくお願いします。