*

庁舎・市民会館…問われる安全管理と品質確保

 新第一庁舎と市民会館(長野市芸術館という名称に決まりました)の建設工事はH27年3月の完成をめざし急ピッチで進んでいます。現在、免震装置の設置をはじめ地下2階~地下1階部分の工事が行われています。
 3月市議会の総務委員会では、建設工事の進捗状況、労務単価の引き上げに伴う建設事業費の見通し、工事の安全管理と品質管理の徹底が議論の対象となりました。

3月17日の総務委員会で、現場を視察。さすがに大がかりな工事です。

3月17日の総務委員会で、現場を視察。さすがに大がかりな工事です。


★工事は1カ月程度の遅れに
 本会議では「若干の遅れ」とされていましたが、委員会の中では「1カ月程度の遅れ。4工区に分けて同時進行しており、工事作業の工夫で年度内にあげられるよう努める」との考えを示しました。
 ダンプトラックの運転手の確保、鉄筋工・型枠工の労働者の確保が困難なことから、全体的に工事が遅れてきているとのことです。
遅れを取り戻そうと工事を急ぐ余り、事故の誘発や“手抜き”工事があってはなりません。完成納期にこだわらず、安全管理と品質確保を徹底することを求めました。
 とくに工事中の中間検査、合同検査の拡充を強く求めました。

★労務単価の再引き上げによる事業費の増大避けられず
 庁舎・市民会館の建設費は、H25年度労務単価の引き上げや資材費の高騰を受け、151億円から153.5億円に増大しています(基本計画段階では134億円でした)。2.5億円の増加は外的要因によるものでやむを得ないと考えてきました。
 ところが、H26年2月から労務単価がさらに7.1%引き上げとなり、これからの事業者との契約見直し協議を見据え、市側は153.5億円を超える可能性を滲ませました。
 財政部長は本会議で、新労務単価の影響について「建設費の約20%が人件費に相当することを考えると、7.1%の労務単価引き上げで総事業は2%位の増加につながる」との見方を示しました。単純に考えると約3億円の増加ということになります。
 問題となる点は、事業費の増大に伴う市費投入額の増加と財政に及ぼす影響、引き上げ労務単価による労働者への賃金支払いの徹底にあります。

★市費投入は2.4億円の増に
 委員会では、事業に投入する市費(一般財源)が当初の10.1億円から12.5億円に、2.4億円増加する見通しを示しました。合併特例債などの有利な借金を活用してもなお、今日的には増加が避けられない状況のようです。
 事業者との協議、契約の見直しに至る過程において、財源見通しを含めて市民への説明と合意形成が欠かせません。

★引き上げ労務単価による賃金を確実に
 H26年2月から適用される公共工事設計労務単価は、長野県平均で7.1%引き上げられています。例えば、鉄筋工は20,300円/日で積算されます。
国交省は、「設計労務単価は工事費の積算に用いるためのもので、下請け契約等における労務単価や雇用契約における労働者への賃金支払いを拘束するものではない」としますが、労務単価引き上げの背景には、低賃金ゆえの建設業における労働力不足があることは明らか。
 労務単価の見直しによる契約金額の増大分が、下請け企業の労働者にもしっかりと還元される手だてを講じることは、公共工事の品質管理の面からも必要不可欠なことです。
 市は、元請企業に対し、「適正に賃金の支払いを指導している」としますが、その実効性は何ら担保されていません。契約に基づき、適正な賃金が支払われていることを担保しうる調査と実態把握が必要です。
 これは、庁舎・市民会館の建設にとどまらず、サッカースタジアムの整備、斎場建設、学校耐震化など施設建設に共通の問題であり、財政見通しに関わってくる問題です。
 最大の解決法は、「公契約条例」を策定し、市が発注する公の仕事(建設工事契約に限らず役務契約、指定管理者との契約を含めて)に関し、適正な賃金の支払いを担保する仕組みを作ることです。

★立体駐車場は平面整備で再検討へ
 基本計画では、750台分の駐車場を確保することとし、新第一庁舎前の広場に立体駐車場を整備検討する計画としてきましたが(これはこれで議論のあったところですが)、新市長のもとで、広場前の景観が損なわることなどから、平面駐車場への整備に転換できるかを具体的に再検討することになりました。
 新庁舎付近での民地を含めた新たな駐車場の確保が必要となります。民地の確保、費用対効果等々の課題はありますが、平面整備の方向でまとまるのであれば歓迎したいと考えています。
 4月中には方針をまとめたいとのことですから、期待して待ちましょう。

現地視察の際に配布された資料より

現地視察の際に配布された資料より

関連記事

市役所・芸術館建設…最終工期、8月上旬に

 連休前の18日の市議会総務委員会の報告です。信濃毎日新聞7月19日付は「工期を8月上旬に示す」方針

記事を読む

IMG_1598

長野市独自の災害見舞金=3万円

【災害見舞金】 長野市独自の災害見舞金は3万円になりました。 神城断層地震により居住住宅に一

記事を読む

市議会総務委員会・行政視察❶…[熊本市編]

 20日から22日にかけて、長野市議会総務委員会の行政視察で熊本市・西宮市・豊田市を訪問・勉強してき

記事を読む

安茂里体育館9245

社会体育館の有料化…スポーツ施設の使用料見直しを予告

 長野市では、スポーツ施設の使用料金について、H9年以降大きな改定をしていないとし、来年度からスポー

記事を読む

自治政策講座in横浜[その2]

 昨日の続きです。 《地域子育て支援の体制づくり…子育て新システムと自治体…》  第4講義の

記事を読む

9月議会の質問より➊…公共施設白書の課題を質す

「公共施設白書」、そして「公共施設再配置計画」の課題を質す 安易な施設廃止、民間移譲にクギ刺し、市

記事を読む

屋代線を考える議員連盟総会開く…鉄路の可能性をなお探ることも課題に

 午前10時から若穂支所で「屋代線を考える議員連盟」の総会を開き、H23年度の事業計画案等を決定しま

記事を読む

20日、砂花幼稚園の運動会。幼稚園の子どもを前にしたあいさつは苦手です。

長野市…県基準を超えて保育料軽減へ

 長野市は、子育て支援の一環として、H27年4月から第3子以降の保育料(保育所・幼稚園)をさらに軽減

記事を読む

IMG_0046

未来に向かって生きることを考える…宮下健司・安茂里公民館長の成人祝賀式式辞より

 1月3日の安茂里地区の成人祝賀式の様子は既に報告しましたが、その折に紹介すると約束した宮下健司・

記事を読む

DSC01901

「賞味期限切れ」…長野市の非常備蓄食の品質管理を考える

台風16号による長野市内の被害状況は、人的被害こそなかったものの、一部冠水や土砂崩落、法面崩落、倒木

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


総会等の写真がないため、安茂里住自協HPより
安茂里地区住民自治協議会の総会etc.

21日、安茂里地区住民自治協議会の定期総会が催されました。 総会等

20170423SS00001
SBCラジオ「あなたにエール!働く仲間の応援団」に私鉄の仲間が出演

1カ月のニュースです。交通政策フォーラムの記事をまとめていて思い出しま

黄緑のジャンパーは中部地連のメンバーです。
私鉄総連…2017交通政策フォーラム

4月19日~20日、愛知県犬山市で、私鉄総連の「交通政策フォーラム20

松代城址
春爛漫…”長野の桜”2017NOW

15日の安茂里小市の花見会に続き、長野の桜NOWをお届けします

松本駐屯地祭パレード
自衛隊松本駐屯地祭…実戦さながらの模擬戦闘に抗議

15日、陸上自衛隊松本駐屯地で創立67周年の「駐屯地祭」が行われました

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑