*

長野県「公契約」条例の行方

公開日: 長野市政/市議会

 19日、連合長野主催の「長野県公契約条例制定に向けた推薦自治体議員との懇談」に参加。
 県が発表した『「長野県が行う契約」に関する条例化の考え方の検討案』(以下、『検討案』)について考察と対応を考える意見交換会です。

連合の須田・総合労働局長。「県条例は理念条例、課題は多い」と指摘。その通りです。

連合の須田・総合労働局長。「県条例は理念条例、課題は多い」と指摘。その通りです。


公務労協の花村副事務局長。全農林所属で長野県の出身、古い友人の一人です。久々の再会でした。

公務労協の花村副事務局長。全農林所属で長野県の出身、古い友人の一人です。久々の再会でした。

 連合・総合労働局の須田孝局長が「公契約法・公契約条例制定に向けた連合の取り組み」を、公務公共サービス労働組合協議会(公務労協)の花村靖副事務局長が「公共サービスキャンペーンの取り組み」を提起。
 また、県議会議員から「県が示した条例化の検討案についての対応」が報告されました。

 公契約条例は、自治体発注の建設工事や委託業務などに従事する労働者の賃金について下限額を設け、賃金・労働条件の確保を図ろうとするものです。
 公正な競争、公正な労働を実現する観点から、自治体発注の仕事にワーキングプア―をつくらず、公共サービスの安全と質の確保を図ることを狙いとしています。
 千葉県野田市を皮切りに川崎市、相模原市、多摩市、渋谷区、国分寺市、厚木市など9市・区で制定されています。

 阿部県知事の公約に端を発した「長野県公契約条例の制定」は、現在、県の技術管理室がまとめた『「長野県が行う契約」に関する条例化の考え方の検討案』に沿って検討が本格化しています。
 県が策定を進めようとする条例は、「事業者に対する労働者の適正な賃金の支払い」を主目的とした先行自治体の公契約条例とは異なり、理念条例に止まっていることが課題として上げられます。
 「公共サービスの実施に従事する者の適正な労働条件の確保その他の労働環境の整備に関し必要な施策を講じるよう努める」と定めた公共サービス基本法の施行条例的な側面が強くにじみ出ているように感じます。
 とはいえ、企業・事業者の社会的責任に言及し、総合評価落札方式における加点システムの拡充など、一歩前進となるものとは言えます。

 検討案では、県下行う契約に関する事項について意見を聴くため第三者委員会を設置することにしています。賃金下限額も、この第三者委員会に諮るものとされていますが、第三者委員会の権能については、明確な定義が公表されていません。
 賃金下限額、適正な賃金支払いの実効性がどのように担保されるのか、第三者委員会に調査権限を付与するのか、労働者側委員が構成員となるのか等々、県議会での議論に期待したいと考えます。
 また、建設労連から指摘された「労働者の範囲が明確でない。一人親方を含め対象とする条例を」との意見も重要です。

 9月市議会の一般質問で私は、大規模プロジェクト事業に関連し、設計労務単価引き上げの実効性の確保について第三者機関によるフォローアップを含め、質問しました。

 財政部長は「元請けと下請け間で締結された請負代金額の見直しや労働者の賃金水準の引上げ等について適切に対応してもらえるよう文書で要請しているところで理解が得られていると考える」と述べるにとどまりました。
 文書で要請すれば適正な賃金が確保されるとの考えには、呆れてしまいます。一般論ですが、何故、ブラック企業が絶えないのか、行政は真剣に考えるべきでしょう。“性善説”では解決しません。

 また、この質問に関連し、公契約条例制定の考え方も示されました。「県の検討案は他都市の公契約条例の方向性とは異なる」との認識を示したうえで、「賃金や労働条件は関係法令によって決定されるべきと考えるが、引き続き県をはじめ他都市の状況を注視しつつ、方向性を検討していく」と述べ、従来の考えを繰り返すにとどまりました。

 今後、県が策定する条例が「鍵」となりますが、県条例ができれば市町村は県に準じることになってしまい、市町村条例の発展形を阻害することになります。

 いずれにせよ、自治体発注の建設請負契約や業務委託契約において「事業者に対する労働者の適正な賃金の支払いを確保」する「公契約条例の原点」を活かしていくことがポイントです。

関連記事

市政直行便NO.36(2014初夏号)を発行しました

5月中に作成・配布と考えていましたが、今頃になってしまいました。 3月市議会での質問と報告がメイン

記事を読む

一般質問が終わって…6月議会の論点・争点(その1)

 地下鉄サリン事件の実行犯であるオウム真理教の高橋容疑者が逮捕されました。大きな節目です。オウム事件

記事を読む

庁舎・市民会館…問われる安全管理と品質確保

 新第一庁舎と市民会館(長野市芸術館という名称に決まりました)の建設工事はH27年3月の完成をめざし

記事を読む

経営感覚生かし”変える”を強調…加藤市長の所信表明

 29日、12月市議会定例会が開会しました。12月17日まで19日間の会期です。  初めての議会に

記事を読む

6月市議会が終わりました

 21日、6月市議会定例会は、市側から提出された4億2400万円余の一般会計補正予算案など全ての議案

記事を読む

SN00115

市政直行便NO.47新年号を発行しました

最強寒波…峠を越えてほしいものです。身体が、腰が…。 アルピコ交通から指摘・要望があり、バス路線道

記事を読む

7056467

幸福度ランキング…長野市が全国中核市で総合2位

日本総合研究所(日本総研)の「全47都道府県幸福度ランキング2016年版」で、全国42中核市中、長野

記事を読む

DSC02605

信州新町フェア2016

市議会経済文教委員会の委員長として、各地区のイベントや収穫祭に招かれ出席させていただいています。

記事を読む

県タクシー協会長野支部の中村支部長から黒田副市長に要望書を提出

駅前のタクシープール整備で市に要望

来春の新幹線延伸・善光寺御開帳に向けて長野駅善光寺口広場、JR長野駅ビルの整備が急ピッチで進んでいま

記事を読む

動き出す「副市長プロジェクト」

 10日午前中、合同会派総会が開かれ、新しい人事の紹介とともに、第2期中心市街地活性化基本計画の認定

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


総会等の写真がないため、安茂里住自協HPより
安茂里地区住民自治協議会の総会etc.

21日、安茂里地区住民自治協議会の定期総会が催されました。 総会等

20170423SS00001
SBCラジオ「あなたにエール!働く仲間の応援団」に私鉄の仲間が出演

1カ月のニュースです。交通政策フォーラムの記事をまとめていて思い出しま

黄緑のジャンパーは中部地連のメンバーです。
私鉄総連…2017交通政策フォーラム

4月19日~20日、愛知県犬山市で、私鉄総連の「交通政策フォーラム20

松代城址
春爛漫…”長野の桜”2017NOW

15日の安茂里小市の花見会に続き、長野の桜NOWをお届けします

松本駐屯地祭パレード
自衛隊松本駐屯地祭…実戦さながらの模擬戦闘に抗議

15日、陸上自衛隊松本駐屯地で創立67周年の「駐屯地祭」が行われました

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑