*

自治政策講座(その1)

公開日: まちづくり

 21日、22日と自治体議会政策学会(会長=竹下譲・拓殖大学地方政治センター長)の第15期自治政策講座が東京・両国で開かれ受講してきました。政務活動費を使った政策研修です。
 長野市議会からは公明党市議団と無所属の手塚議員も参加していました。

開会のあいさつをする竹内譲会長です。

開会のあいさつをする竹内譲会長です。


 自治体議会政策学会の講座は講師陣がなかなか魅力的で、これまでも参加してきています。
 今回のテーマは「持続可能な社会~誰もが暮らしやすい社会づくりと自治体」で5つの講義が内容です。

 第1講義 貧困と社会的排除に向き合う~社会的包摂と自治体の責務~
      岡部卓 首都大学東京大学院教授
 第2講義 腰痛が社会の脅威に~少子高齢社会を支える技術開発「軽労化」という発想~
      田中孝之 北海道大学大学院准教授
 第3講義 情報格差社会を生き抜く力~サイバーリテラシーと自治体の責務~
      矢野直明 サイバーリテラシー研究所代表
 第4講義 誰もが使いやすい安全なまちづくり~ユニバーサルデザインの基本と自治体の役割~
      川内美彦 東洋大学教授/一級建築士
 第5講義 再生可能エネルギーで地産地消の地域づくり~エコビレッジ構想と防災計画
      糸長浩司 日本大学教授/一級建築士

 まずは第1講義と第2講義のポイントを紹介。

★貧困と社会的排除にどう向き合うか
 第1講義は、参院選直前の政局混乱から廃案となった生活困窮者自立支援法案と生活保護法改正案の課題です。生活保護では既に給付の削減だけが8月から先行しています。
 最後のセーフティネットとされる生活保護の改正案では、申請手続きの厳格化、扶養義務の強化などが打ち出され、真に生活保護を必要とする生活困窮者のセーフティネットとならないなどの問題点が指摘されています。
 また、生活困窮者自立支援法では、自立相談支援事業の実施と住宅確保給付金の支給が国が4分の3を支援する必須事業とされているものの、就労に必要な訓練の実施や住居を持たない人への宿泊場所の提供、生活困窮家庭の子どもへの学習補助など重要整理高い事業は任意とされ、しかも国の補助率は3分の2、2分の1と低いものになっています。

講義する岡部教授

講義する岡部卓教授。メディアにもよく登場されています


 いずれも問題点が多い法案なのですが、もともとは2013年1月の「生活困窮者の生活支援にあり方に関する特別部会報告書」(厚労省・社会保障審議会)が起点となっており、この厚労省の審議委員を務めている岡部教授は、「手薄であった低所得者対策が拡充されていく点では一定の意義がある」とします。
 その上で、自治体は、「貧困・低所得問題」を行政の業務に位置づける視点、社会的包摂という観点から、行政の仕事は「制度適用者への対応に過ぎず、制度の狭間を埋める視点」が必要であるとします。
 「貧困と社会的排除に向き合い自治体が業務を展開していくためには、自治体が先導して市民、民、行政の三者が手を携えること(=「新しい公共」に取り組むこと)が必要であり、貧困と社会的排除を根絶するというミッション(社会的使命)を自覚し、新たな福祉社会を創造することが重要」と強調します。
 総論に異論は全くありませんが、各論になると「どうなのかな」という疑問も残ります。

 秋の通常国会の大きな争点になります。法改正(改悪?)を見越しながら、自治体の役割と仕事についてまとめていくことが大事です。長野市政上の喫緊の課題の一つです。

★「軽労化」なる新しい発想
 第2講義は、介護や農業などのつらい人の手による作業で、身体にかかる負担と疲労を減少させる「軽労化」という新しい発想で開発された「スマートスーツ」の紹介、「軽労化社会システムの意義と創造」についてです。
 耳慣れない「軽労化」という言葉ですが、「高齢社会にあって、いつまでも生きがいをもって働き、楽しく暮らせる社会を支える技術、この技術で労働意欲のある人の身体機能をサポートする」といった発想です。率直に面白いと感じます。

田中孝之・北海道大学大学院准教授

田中孝之・北海道大学大学院准教授


 田中准教授の専門はロボットで、モーター付きの軽労化スマートスーツの開発に始まり、さらにロボットに必須なモーターやセンサー、コントロール機能を除外し、独自開発のゴムのみによる「スマートスーツ」を開発、試験販売の段階に入っている「軽労化」技術です。一着39,900円。試験販売とはいえ、実用化への「壁」になるのではと思います。
スマートスーツを着用。ザックを背負っているような感じですが、背中のハーネス部分にゴムが組み込まれています。確かに負担が軽減されることを実感しました

スマートスーツを着用。ザックを背負っているような感じですが、背中のハーネス部分にゴムが組み込まれています。確かに負担が軽減されることを実感しました


 試着の時間があり、実際に農作業用の「スマートスーツ」を着用してみました。中腰・前かがみの状態から起き上がる時に負担が軽くなります。筋力負担の軽減は筋力減退につながらないよう25%に設定しているそうです。腰痛への対応策として有効であると思われます。機械ロボットとの組み合わせで人力が不可欠な作業への補助具として、特に介護職場での活用が期待されそうです。
 
 雪かき時の腰への負担を軽減する「UDスコップ」も開発されています。柄部にS字の曲げ加工を施すことにより、雪をすくい上げる時の深い前屈姿勢を浅くし、重たい雪を体に近い位置ですくうことができるとされます。

 自治体ですぐに“どうこうできる”というものではありませんが、高齢社会を支える発想と技術には興味が広がります。

関連記事

SN00101

第五次長野市総合計画(案)で市議会・全員協議会

 久々の議会関連ニュースです。  H29年度(2017年度)から10年間の長野市政運営の指針と

記事を読む

国道19号歩道整備に向け推進委員会動き出す

 国道19号の歩道整備について、一昨年以来、安茂里地区と第五地区の住民自治協議会共同で、国道事務所に

記事を読む

女性の人権を考える

 昨日18日、安茂里地区人権を考える集いが催されました。今年は、女性の人権、男女共同参画がテーマで、

記事を読む

第10回北信地連自治研集会in金沢市

 先週末ですが、自治労北信地連(長野・富山・石川・福井)の自治研集会が金沢市で開かれ、「交通政策とま

記事を読む

IMG_1336

第9回アモーレ・フェスタ2015

早「霜月」…今年も残すところあと2カ月です。 11月1日、安茂里住民自治協議会を中心とした実行

記事を読む

IMG_0323

『地方消滅の罠』

 筑摩書房発刊の『地方消滅の罠』の著者である山下祐介・首都大学東京准教授の講演を聴きました。  9

記事を読む

DSC00119

国道19号歩道設置推進準備委員会で勉強会

 先週のことになりますが、12月9日、安茂里と第五地区の住民自治協議会が連携して立ち上げている「国道

記事を読む

150725市政直行便NO.40_c(安茂里版)_page0001

市政直行便NO.40安茂里版を発行

市政直行便NO.40安茂里版号外を作成し、地元のあいさつ回りに活用しています。 支持者の皆さんから

記事を読む

県議会政策研修会…道州制を考える

 県庁で開かれた県議会・実行委員会による「県地方自治政策研修会」に出席。今年が9回目で、県下から県議

記事を読む

地元要望で小市「無常院」バス停新設

 2月1日から、安茂里小市地区を東西に横断する国道19号に、新しいバス停「無常院」が設置され、運行が

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


番所の桜
信州の春2017…小川村「立屋の桜」「番所の桜」

先週26日、オリンピック白馬ルート地域振興協議会の総会が小川村であり、

IMG_0681
長野市制120周年を祝う

4月27日、長野市制120周年記念式典が市芸術館ホールで催されました。

20170424SS00001
【ご案内】憲法施行70周年…平和と いのちと 人権を 5.3憲法集会in長野

5月3日憲法記念日は、日本国憲法が施行されてから70周年の節目です。

総会等の写真がないため、安茂里住自協HPより
安茂里地区住民自治協議会の総会etc.

21日、安茂里地区住民自治協議会の定期総会が催されました。 総会等

20170423SS00001
SBCラジオ「あなたにエール!働く仲間の応援団」に私鉄の仲間が出演

1カ月のニュースです。交通政策フォーラムの記事をまとめていて思い出しま

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑