戦争法案…「対案」ではなく「廃案」に

安部自公政権は、来週15日にも戦争法案を審議する衆議院安全保障法制特別委員会で法案の強行採決を図ろうとしています。
国民の民意の力で、これを断念させなくてはなりません。

維新の党が提案する「対案」は、憲法違反の法案を正すことはできません。
「対案」ではなく「廃案」しかありません。

9日、松本市内での長野県自治研集会のレポーターを務めた後、夕方から、小雨の中ではありましたが、定例の「9の日行動」をJR長野駅前で実施し、戦争法案の廃案を訴えました。
150708戦争法案反対ビラ(7月)
東京では、連日、国会包囲行動が展開されています。
「戦争させない、9条壊す!総がかり行動実行委員会」では、7月14日(火)18:30から日比谷野音での緊急全国集会を呼びかけています。

この総がかり行動に応える形で、長野県護憲連合として7月15日(水)18:15からJR長野駅前での緊急街頭行動・パレードを計画しています。戦争をさせない1000人委員会・信州との共同行動として呼びかけています。

是非、ご参加ください。