歴史的な南北首脳会談

4月27日、まさに世界史上、「歴史的」な南北朝鮮の首脳会談となりました。
朝鮮半島の完全非核化、朝鮮戦争の終結宣言から平和協定の締結へと、北東アジアに平和の礎を刻む歴史の1ページです。

両国首脳が手をつなぎ、互いに軍事境界線を越えるシーンは、朝鮮半島情勢が大きく転換することを実感させました。

「板門店宣言」が現実のものとして実を結んでいくことを大いに期待したいものです。

社民党の幹事長談話を掲載します。

2018年4月27日

歴史的な南北首脳会談について(談話)

社会民主党幹事長 吉川はじめ

1.10年半ぶり3回目となる南北首脳会談が本日、軍事境界線上にあり分断の象徴である板門店の「平和の家」で行われた。北朝鮮最高指導者の訪韓は史上初めてのことである。会談では、南北関係の改善、朝鮮半島の平和と繁栄、統一を実現する上での諸問題について議論され、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長が「朝鮮半島の平和と繁栄、統一に向けた板門店宣言」に共同で署名した。民族の和解、朝鮮半島全体の平和と繁栄に向けた大きな前進であり、世界史的な変化に向けた新たな歴史の出発点となったことを歓迎する。

2.「板門店宣言」は、朝鮮半島の恒久的かつ強固な平和体制構築のため、積極的に協力していく意思を確認した。そして、現在の停戦状態にある朝鮮戦争を終息させ、確固たる平和体制を構築することはこれ以上先延ばしできない歴史的な課題であるとして、朝鮮戦争の終戦宣言を年内に行い、休戦協定を平和協定に転換するため南北米、または南北米中の首脳会談を積極的に推進することで合意した。いかなる形の武力も互いに使用しないという南北の相互不可侵合意を再確認し、段階的な軍縮も確認した。南北連絡事務所の設置や首脳会談の定例化も明記され、文大統領が今秋、平壌を訪問することも決まった。

3.北東アジア地域における平和体制を構築する上で、南北の対立の解消と朝鮮半島の非核化は、不可欠の前提である。会談に先立ち金正恩委員長は、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の中止、核実験場の廃棄を表明していたが、核放棄には触れていなかった。会談で弾道ミサイル発射の中止を改めて確認するとともに、南北が共通認識に立ち、完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を作るという共同の目標を確認し、完全な非核化に向けた緊密な協力を宣言したことの意義は大きい。

4.南北双方は、武力衝突を回避し、朝鮮戦争の休戦という不安定な現状を打開し、核のない平和と繁栄調の朝鮮半島に向けて具体的な一歩を踏み出した。「約束対約束、行動対行動」の原則に基づき、今回の共同宣言と会談での確認事項が着実に進められることを期待するとともに、今回の会談の成果を史上初の米朝首脳会談にしっかりつなげていくことを心から願う。

5.今回の南北首脳会談開催は、関係国の首脳同士の直接の対話と交渉による懸案事項の平和的解決を図るものであり、南北双方が様々な困難の中、ともに英断を下し、自分たちの努力と自己決定で情勢を変化させ、大きな成果を導き出した。一方、「対話のための対話は意味がない」、「北朝鮮は平気で嘘をつく国であり、交渉は無駄である」などと、対話や交渉を否定し制裁・圧力一辺倒の安倍首相は、米国に追随し危機を煽ってきたものの、大きな情勢変化の蚊帳の外に置かれている。日朝間の懸案である拉致問題についても、韓国の文在寅大統領や米国のトランプ大統領にお願いするほかなくなり、「安倍外交」の行き詰まりは明らかである。対朝鮮半島政策を転換し、2002年の「日朝平壌宣言」に基づく粘り強い対話と交渉を進めるべきである。

6.社民党は、「平和的な方法による朝鮮半島の検証可能な非核化」と「北東アジア地域の永続的な平和と安定のための共同の努力」を約束している2005年の「6か国共同声明」に立ち戻り、米朝会談を実現し、停戦(休戦)協定の米朝不戦(平和)協定への切り替え、国交正常化、経済援助の実施と核・ミサイルの放棄を一体で取り組む道筋を目指すことを求めてきた。社民党としても、朝鮮半島の非核化と自主的平和統一、日朝間の懸案問題の解決に向け、あらゆる努力を惜しまず後押ししていく。

以 上