安倍退陣!…2,000人が声上げる

新潟知事選挙は残念な結果に終わりました。 しかし、安倍退陣!原発再稼働NO!9条改憲NO!は大きな世論です。

6月10日、長野市内のひまわり公園で「隠ぺい・改ざん・セクハラ・改憲を許さない- 安倍政権の退陣を求める6・10怒りの長野県民大集会」が開かれました。
集会に引き続き、長野駅前までパレードしました。

シンガーソングライターの清水学さんの平和コンサートに始まった集会には、県下から集まった約2,000人(主催者発表)が結集、「安倍退陣!」のプラカードを掲げながら「安倍内閣は今すぐ退陣」「9条改憲絶対反対」「市民の声で政治を変えよう」と訴えました。

安保法制に反対し、9条改憲ストップ、市民と野党の共闘を訴えてきた「信州市民アクション」の主催で、9条の会や戦争をさせない1000人委員会に結集する市民や団体が集まったものです。

主催者を代表して信州市民アクション共同代表の又坂常人さん(信大名誉教授)が「安倍政治の私物化を許してはいけない」とアピール

野党代表らが勢ぞろい、立憲民主党・杉尾秀哉参議院議員、国民民主党・羽田雄一郎参議院議員、共産党・武田良介参議院議員、社民党・竹内久幸県議会議員(県連代表)が駆け付けエールを送りました。

集会のメインの一つが、半田滋さん(東京新聞論説兼編集委員)を招いての「安倍政権の行方と改憲問題」と題する特別講演。
30分という限られた時間だったのですが、安倍政治の危険性をコンパクトにわかりやすくお話しいただきました。

【採択された集会アピール】

長野県民のみなさん
安倍政権の腐敗と暴走は、とどまるところがありません。

森友疑惑をめぐる財務省の公文書改ざん。
加計疑惑での事実を隠す答弁。
疑惑の中心人物たちの証人喚問拒否。
自衛隊の「日報」隠し。
厚生労働省の裁量労働制をめぐるデータねつ造。
財務省事務次官のセクハラ、それを「セクハラ罪という罪はない」と擁護するだけでなく、閣議決定までする安倍内閣。
生活保護基準の引き下げ、「働かせ方改悪」法案、カジノ法案、TPP承認などを、まともな審議を行わず数の力で強行する国会運営。
そして、国民世論を無視した9条破壊への暴走。

これほどまでに私たち国民と国会を冒とくし、民主主義を破壊し続ける安倍政権をこれ以上続けさせることはできません。
世論調査でも安倍内閣不支持は過半数を占め、安倍政権の権力私物化と政治腐敗に、国民の怒りは、日に日に広がり、高まっています。

私たちが取り組んできた、憲法9条改憲を許さない3000万人全国統一署名は、「安倍9条改憲NO」「安倍内閣は直ちに退陣」の世論と運動を大きく広げて、すでに全国で1350万人、県内でも20万人を超えました。

本日、6・10怒りの県民大集会に集まった私たちは、隠ぺい、改ざん、セクハラ、改憲を許さず、安倍内閣の退陣を求める私たちの確固とした意思を改めて確認しあいました。
私たちは、憲法改悪の「発議」を断念させるまで、3000万署名を集めきります。

市民と野党の共闘で、腐敗と暴走の安倍政権を退陣に追い込みましょう。

2018年6月10日

「安倍内閣の退陣を求める6・10怒りの長野県民大集会」参加者一同