*

3月議会質問より➌…放課後子ども総合プラン有料化に反対

3月議会の焦点の一つであった「放課後子ども総合プラン」の有料化は、残念ながら賛成多数で可決しました。H30年度から導入されます。

【関連】➡170322「3月議会が終わりました」

子育て支援先進都市を目指す観点からも、質問で、無料で実施するよう強く迫りました。
SN00166

子どもの放課後の生活環境…親の労働環境や経済格差に左右されてはならない

放課後子ども総合プランの一番大きな問題は、利用する人と利用しない人との公平性を確保するという税負担の公平論で、親の経済状況により利用できなくなる児童の発生を容認し、放課後の安全で安心な居場所を奪ってしまうことです。

保護者アンケートでは、13.4%の保護者が「有料化すれば利用しない、利用できない」と答えているからです。

子育てと仕事の両立が求められ、子どもの貧困が社会問題となっている今日、有料化は時代の求めに逆行する施策だといわなければなりません。

審議会の答申を尊重し、減免制度が拡大されていますが、そもそも減免という仕組みによらず、無償で事業を継続すべきと質しました。

子ども未来部長は、親の生活環境に左右されないよう、児童扶養手当や就学援助を受けている方も対象に、経済的な面からも幅広く減免を運用するとした答申を踏まえ、利用者負担の導入を決めた」「減免制度を十分に生かしていきたい」と答弁しました。

しかし、減免制度による減免対象者は推計されているに過ぎず、減免の隙間で利用できなくなる子どもにどう対応するのかというセーフティネットにはなっていません

小さく産んで大きく育てる利用者負担に…2,000円から4,000円に

利用料金は3年ごとに見直されます。審議会でも「最初はできるだけ負担額が小さいほうがいい。激変緩和策をとるべき」との意見に象徴されるように、負担導入時は2,000円ですが、利用者負担額の上限である4160円に計画的・段階的に引き上げていくことになります。

これでは、保護者の世代間の公平性を歪めると考えます。地域社会の宝である子どもたちが減少していくことを考えると、子どもを大切にする行政の施策としては一貫性がありません。

部長は、「行政サービスの利用者負担に関する基準を適用したもので、プランを持続的・安定的に実施し充実をはかるために利用者負担を導入するもの。激変緩和を図ることで、見直しの前後での公平性を、一定程度保つ効果を有する。同じ基準を将来にわたり運用することで世代間の公平性は確保できる」と答弁しました。

私が言いたかったことは、例えば、2,000円を恒常的な負担額として位置づけるのであれば、世代間の公平性は担保できるというものです。

「利用者負担に関する基準」について、一定の基準の必要性は認めますが、その運用にはより柔軟な姿勢が問われるものと考えます。

“おやつ”の存続を求める

社会福祉審議会の答申は、『附帯意見』で「ガイドライン作成等により、保育実費が校区や施設で異なる状況の改善に努めること」を求めました。

市では、食物アレルギー児童への対応もあり、おやつを段階的に無くしていく考えに立っています。

食物アレルギー児童への安全なおやつの提供は可能です。生活の場でもある児童センターでおやつを無くしていくことは、生活習慣上、問題を残すと考えます。

おやつの継続を求めました。

部長は、「市では、安全面の配慮からおやつを提供しないことを基本にしてきているが、保護者の意見が分かれていることから、運営委員会の決定事項にしている。低学年の多い児童センターでは6割、高学年が多い子どもプラザでは2割、全体では約4割の施設でおやつを提供している」と現状を述べた上で、「今後、(施設や保護者の)意見を聞く中で、作成を予定するガイドラインでおやつ提供についても新たに示していきたい」と述べました。

世田谷区では、放課後子ども総合プランを「新BOP事業(遊びの基地事業)」として展開しています。

児童センターに相当する学童クラブは小学校3年生までに限定し、月額5,000円の有料で実施していますが、内2,000円はおやつ代で、全員に提供しています。

こうした事例も参考にしながら、ガイドラインが作成されるよう引き続き求めていきたいと考えます。

税負担の公平論では、プランの充実は二の次にならないか

答申の『附帯意見』でも、「職員の能力向上や施設整備など事業の質の確保と向上に努め、プランの充実が利用者に実感されるよう努めること」が強調されています。

しかし、私は税負担の公平論による利用者負担の導入では、増収ありきが最優先とされ、プランの充実に100%充当されず、二の次になってしまうのではないかということを極めて危惧しています。

プランの有料化で約1億7,000万円の収入が見込まれます。

児童センターの施設整備、子どもプラザで使用する教室のエアコン整備、支援員・アドバイザーの処遇改善、研修の無償化と研修機会の拡大など、プランの充実が問われています。

しかしながら、有料化にあたり今後求められるプランの具体は十分に示されていません。

プランの充実をどのように考えているのか、約1億7,000万円が確実にプランの充実に投入されるのかを質しました。
SN00167
これに対し部長は、「今後、子どもたちが実感できるようなプラン充実の取り組みを加速せたい」とし、ハード面では、学校の教室確保を進めエアコンを計画的に整備する、教材や遊具、保育備品などの導入を積極的に進める、ソフト面では、保育士や教員OBなど資格を有する人材の確保、職員の処遇改善、研修への派遣、特別な配慮を要する子どもへの職員加配などに努めたいとしました。

新たな財源の使い方については、「収入を1億7,000万円と見込んでいるが、全額をプラン事業そのもの全体に充当させていく予定」と答弁しました。

子ども未来部長の答弁で財政当局はいいのかを財政部長に質問したところ、「同様の意見で、全体の中で考えていく」と答弁しました。

財政部長の「全体の中で考える」というくだりは、「税負担公平論に基づく増収は、全体的な一般財源として考える」という風にも聞こえます。

しかし、「全額をプランの充実に充当する」との子ども未来部長の答弁を信じ、これからの成り行きを注視したいと考えます。

今年度に作成されることになるプラン運用の「ガイドライン」、そしてプラン充実のための実施計画が課題となります。

「利用したくても利用できない」…この声に如何に応えられるのか

有料化は決まってしまいました。

有料化を前提とした問題は、「利用したくても利用できない」という声に如何に応えるか、プランの充実を如何に加速させるかにあります。

「長野市版」とされる放課後子ども総合プラン。児童センターとこどもプラザを一体的に運用することを特徴としていますが、有料化することにより、「長野市版」故の制度設計の矛盾が出てくるように思います。

「希望するすべての児童を受け入れる」という長野市版放課後子どもプランは、希望する全ての子どもに門戸が開かれないことになってしまうからです。

文科省が進める「放課後子ども教室」の趣旨を全うできなくなるおそれもあります。

決まったとはいえ、有料化の是非を問い続けたいと思います。また、制度設計の在り方を全国の先進事例を参考に再検討したいと思います。

【関連】170215「値上げラッシュ【その1】…放課後子ども総合プランの有料化」

 

関連記事

3月市議会定例会始まる

 昨日27日、新年度予算議会となる3月市議会定例会が始まりました。3月25日までの27日間の会期です

記事を読む

20170622SS00002

市内小学校のいじめ事案…「重大事態」とし第三者委員会を設置、調査へ

昨日21日の市議会経済文教委員会で、教育委員会は、H26年入学後間もない5月に発覚した小学校1年生の

記事を読む

市民の幸せは何処に?…長野市長選挙の行方

 いろんな会合の度に、「市長選はどうなるの?鷲沢さんは出る気なのかね」と訊かれる日々が続いています。

記事を読む

霜月…屋代線の無償譲渡、権堂再開発の否決etc.

 早11月、「霜月」です。秋の深まりとともに朝夕の冷え込みが日毎に強まり、冬支度を考える季節となりま

記事を読む

新市民会館の入札不成立…巨額な随意契約に

 7月着工予定となっていた市役所第一庁舎・市民会館の建物本体工事が、入札不成立で揺れています。公共工

記事を読む

屋代線を考える議員連盟…国交省審議官ら招き、LRTで勉強会

 [/caption]  24日、屋代線沿線3市議会の議員有志でつくる「屋代線を考える議員連盟

記事を読む

公民館の新しいスタッフの皆さん。右から多田井館長、和田主事、松永職員、栗山職員。

市立安茂里公民館…住民自治協議会の指定管理始まる

4月、新年度がスタートしました。 昨日2日・日曜日は、安茂里地区内の伊勢宮区と宮沖区の総会でした。

記事を読む

150511学校給食

アレルギー対応食、学校給食でH29年度から順次提供へ

 長野市教育委員会・保健給食課は、学校給食センターにおける食物アレルギー対応食の提供をH29年度から

記事を読む

経済文教委員長として、付託された議案審査の結果を報告

3月定例会が終わりました

長野市議会3月定例会は昨日22日、1,487億4,000万円のH29年度当初予算案や、長野市の今後1

記事を読む

SN00087

松代藩真田十万石まつり

9日、第61回松代藩真田十万石まつりの出陣式に参加。 雨が心配されましたが、熱気が雨雲を吹き飛ばし

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


171010nakagawa
総選挙スタート…アベ政治を止めよう!

総選挙がスタートしました。 今朝は、社民党で推薦を決めた長野1区

IMG_1404
子どもの権利条例の制定を求める…9月議会の質問より➌

改革ネットの公開質問に対し市長は、子どもの権利条例の制定について「国の

IMG_1413
民進党、希望の党に合流で走り出す総選挙

28日、衆議院が解散され総選挙に突入です。 小池都知事が代表を務

公契約条例の制定、改めて迫る…9月議会の質問より➋

シリーズ「9月議会の質問より」の2回目は、「公契約条例の制定」についで

GUM05_PH02048
包括的な健康づくり推進条例の制定を提案…9月議会の質問より❶

長野市では、健康増進法と食育基本法に基づく「第三次長野市健康増進・食育

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑