*

免震ゴム偽装による損害金…相当額1,393万円余で清算へ

 6月市議会定例会の総務委員会で明らかにされていた一件です。
 7月4日の市議会会派総会で改めて市側から説明されました。

ブリヂストン社製に交換された免震ゴム

ブリヂストン社製に交換された免震ゴム

3者合意書で決着?

 東洋ゴム工業㈱による免震ゴム偽装による免震ゴム交換工事(ブリヂストン製に交換)及び工期延長に伴う損害金について、施工者である前田JVと東洋ゴム工業㈱、長野市の3者の間で、損害金相当額の支払いについて包括的に合意し、契約行為により決着させることが報告されました。

 損害金相当額は13,932,154円。えっ!そんなに少ない金額なの?というのが率直な感想です。

 新しい契約の名称は「建築主体第一工区工事における免震ゴム不正に伴う3者合意」というもので、「免震ゴム不正に伴う」とされるものの、損害賠償金の支払い合意書となっていないことがポイントです。

 市側は、損害金相当額について、➊市職員の稼働にかかる経費(東洋ゴム工業との折衝の中で合意した経費の積算方法に基づき算定)、➋工期の遅延にかかる履行遅延損害金相当額(契約書約款で定める計算方法により算定)、➌市職員の出張旅費等その他の経費を積み上げたものとします。

 市の顧問弁護士のアドバイスによる対応とのことです。

 東洋ゴム工業の免震ゴム偽装に伴う市職員の精神的負担・苦痛は損害賠償に盛り込まれていません。

契約による決着は、東洋ゴムの損害賠償責任をあいまいにしないか

 私は総務委委員会で、契約行為による対応は、東洋ゴム工業の偽装・不正に免罪符を与えることになりはしないのか、社会的責任を明らかにするうえで損害賠償責任を明確に問うべきではないかと質すとともに、1,393万円余の積算金額をそれぞれ公表することを求めました。

 市側は、「賠償ではなく三者合意書の契約対応は、市の顧問弁護士のアドバイスによるもので理解願いたい」とするにとどまり、積算金額の明示は、市議会の意思として東洋ゴム側に打診するとしました。

損害金相当額の積算内容、開示されず

 しかし、総務委員会後になりますが、東洋ゴム工業側は、全国の免震ゴム交換工事における対応の前例となること、一部で訴訟となっていることなどから、「企業内情報として開示できない」としてきたそうです。

 工事契約書の約款には「損害賠償条項」があります。この条項に基づき損害金の積算に内容を明らかにしない企業側の姿勢は、全く釈然としません。

交換工事によるピアノの保管経費も東洋ゴム工業負担で

 また、免震ゴム交換工事によりリサイタルホールのピアノ庫が使えなった代替措置経費として、ピアノの保管等に要するすべての経費を東洋ゴム工業側の発注により対応し、市の費用負担は発生していないとしました。

ジャッキアップ工事でクラック(ひび割れ)も

 さらに、免震ゴム交換時のジャッキアップ工事が原因と思われるクラック(ひび割れ)が庁舎・芸術館外壁に発生している件について秋頃にすべて補修する予定であることも明らかにされました。 長野市の費用負担はないとのことです。

 クラックは、0.3ミリ以下のもので長さ1mくらい、5カ所で発見されているそうです。0.3ミリ以下のクラックは構造上問題がないとされているそうですが、本来、1000基のジャッキが必要な交換工事が約半分の500基のジャッキで行わざるを得ず、建物全体が弓なりになったことが原因と推量されています。

 今後、補修したクラック箇所が地震等により再びひび割れ状態になった場合の対応が問われることになるのではないかと考えられます。

免震性能が確保され防災拠点となることを願う

新庁舎1階にある表示

新庁舎1階にある表示


 東洋ゴム㈱の免震ゴム偽装による免震ゴムの交換工事が昨年8月から行われてきましたが、この工事は5月24日で完了しました。

 工期の大幅な延長、免震ゴム偽装、芸術館ホールの見切れ席、案内サイン…等々、何かとネガティブな話題に事欠かなかった庁舎・芸術館。

 それぞれの結末には釈然としないものが残りますが、とはいえ、名実ともに新庁舎・新芸術館が軌道に乗ることになります。

 免震性能が確保され、新の防災拠点としての機能が100%発揮できること、芸術館が市民の文化芸術の拠点となること、願わずにはいられません。

 これからは外構工事が課題となります。

 旧第一庁舎解体後の「広場」のあり方、緑町立体駐車場からの芸術館への安全な動線の確保、庁舎・芸術館周辺の道路改良など、まだまだ課題山積です。

関連記事

市独自に放射性物質の検査を…市民団体が市長要望

[/caption]  「市独自に放射性物質検査を」と2305人分の署名を添えて市民団体が市長に要望

記事を読む

イノシシ「牡丹鍋」

「長野市ジビエ振興計画」新たにまとめ、食肉加工施設の新設へ

長野市はこのほど、“ながのきらめきジビエで元気な地域づくり”を掲げた長野市ジビエ振興計画をまとめまし

記事を読む

子育ち・子育て対策特別委員会の視察より➋~浜松市・高松市編~

◆浜松市 (1)浜松市は、子ども育成条例およびNPO法人と協働で実施する「子育て情報サイト」の運営

記事を読む

臨時市議会…庁舎・市民会館の建設工事契約を可決

 立秋…暦の上では秋到来ですが、猛暑復活の兆し、ご自愛ください。  さて、6日に開かれた長野市

記事を読む

戦争法施行…非戦平和国家の重大な転換点に立って

 3月29日午前0時、歴代自民党政権が憲法第9条の下で禁じてきた集団的自衛権の行使を解禁する安全保障

記事を読む

安茂里体育館9245

社会体育館の有料化…スポーツ施設の使用料見直しを予告

 長野市では、スポーツ施設の使用料金について、H9年以降大きな改定をしていないとし、来年度からスポー

記事を読む

IMG_0141

「障害者スポーツ大会」

 24日、長野運動公園総合運動場で「第46回長野市障害者スポーツ大会」が開催され、市議会・福祉環境委

記事を読む

人権停止法である「緊急事態基本法」の制定に反対

 総務部所管の請願審議で大きな論戦となったのが「緊急事態基本法の早期制定を求める請願」です。新友会と

記事を読む

こども未来部、創設へ

 長野市は来年度の組織・機構の見直しで「こども未来部」を新設することを発表しました。5日に議会側に説

記事を読む

「長野市・新交通システムの導入可能性」について勉強会

 30日夜、長野地区公共交通対策会議の主催で、市が市民意見を募集している「新交通システムの導入可能性

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


IMG_0778
新庁舎のひび割れ…「建物の安全性は担保」と専門家評価

第一庁舎・芸術館の建物外壁に686箇所のヘアークラック(微細なひび割れ

IMG_0765
安茂里スポーツ祭典、盛大に

31.7℃…真夏日となった21日、犀川第一グランドを主会場に第43回安

20170519SS00001
共謀罪法案を廃案に!全国同時アクション

金田法務大臣の不信任決議案を否決した政府与党は、今日19日の衆院法務委

毎回「はな」を演じる信州裾花彩鳥太鼓の皆さん。H5年に素人集団16人からスタートされたそうで、研鑽を磨き、今や大活躍の和太鼓グループです。
杏の里 春の祭典…安茂里文化芸術祭

40回目を数える「安茂里文化芸術祭」が14日、安茂里公民館で催されまし

IMG_0710
自治政策講座in東京

5月11日~12日、東京・市ヶ谷の「こくほ21」で開かれた自治体議会政

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑