我が家のゆく年くる年…写真で綴る

昨年暮れの仕事納めは消防団の年末警戒。大寒波到来で厳しい冷え込みの中での「火の用心」、皆さんホントにお疲れさまでした。

後援会の役員の方からいただいたしめ縄です

28日は小市公民館で警戒にあたる消防団員を激励、29日は安茂里分団の本部巡視式に参加し、激励しました。巡視式に集まり始めた折に、安茂里消防団詰所(安茂里児童センター2階)の火災報知器が鳴り出し消防車が出動するアクシデントが…。ストーブにかけていた鍋の湯気で作動したとのことで事なきを得ましたが、まさに「火の用心」でした。

安茂里分団の本部巡視式より

29日には、昨年9月に結婚した長女がハズバンドと一緒に長野に。スペイン人のマリオ君でカメラマンです。家族が増えました。3月に東京で式を挙げる予定です。

31日には妻の実家、高崎へ。義父と亡くなった義母に結婚の報告です。

新年は妻の実家の高崎で迎えました。

年越し蕎麦は長野から持参。蕎麦打ちはパスし既製品です。娘夫婦が活躍!

食べ始めてからの写真となってしまいました。ザルも持ち込みでなんかキャンプ仕様の高崎訪問です。

新年1日は、一人暮らしの義父を囲み、妻お手製のおせち料理で乾杯。

高崎だるま市に出かけてきました。

長女夫婦と一緒に。右は姪っ子です

亥年の干支だるま

1日夕刻には長野に帰ってきました。こんな年末年始で、毎年参加させていただいている実践倫理宏正会の「元朝式」は失礼いたしました。

年取りでいただいたワインや日本酒達です。すべて長野から持っていき、空き瓶は処理が大変なので持ち帰りました。西之門の柚子甘酒は結構いけました。よく食べよく飲んだ年取りでした。

2日には夫婦で善光寺に初詣で。

ところで、Xmasと新年をアメリカの彼の実家で迎えた次女からは、「Xmasにプロポーズされ婚約しました」とのメールが! パートナーはアメリカ人です。日本のベンチャー企業でプログラミングの仕事をしています。

揃って外国人がパートナーとは?!家族が増えるのはホントに嬉しいニュースで幸せになってもらいたいと願うのですが、英語が飛び交う会話に参加できないことが憂鬱?で…何とも複雑な想いの日々です。

…ということで、我が家の「ゆく年くる年」でした。